2020年04月04日 08時30分 公開
特集/連載

「無線LAN」はなぜ危ないのか? 有線LANとの違いが生むリスク利便性と危険性は表裏一体

物理的な配線を利用する有線LANと利用しない無線LANでは、どのような違いがあるのか。無線LANのセキュリティを向上させるため、その違いと保護のベストプラクティスを学ぼう。

[Mike Chapple,TechTarget]

 今日の企業にとってオフィスに無線LANが存在することは当たり前になっている。無線LANのセキュリティを確保するための適切な対策は企業にとって欠かせない。

 有線LANは、物理的な配線によって接続しているため、物理的な防犯が重要なセキュリティ対策だ。「有線の方が無線より安全だ」と考えがちだが、サーバなどのリソースに負荷をかけてサービス停止を狙うDoS(サービス拒否)攻撃、マルウェア、データ損失のといった脅威はどちらにも存在する。有線であれ無線であれセキュリティ対策を考えることは重要だ。

有線LANとの違いから見た無線LANのリスク

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...