2020年04月04日 08時30分 公開
特集/連載

「無線LAN」はなぜ危ないのか? 有線LANとの違いが生むリスク利便性と危険性は表裏一体

物理的な配線を利用する有線LANと利用しない無線LANでは、どのような違いがあるのか。無線LANのセキュリティを向上させるため、その違いと保護のベストプラクティスを学ぼう。

[Mike Chapple,TechTarget]

 今日の企業にとってオフィスに無線LANが存在することは当たり前になっている。無線LANのセキュリティを確保するための適切な対策は企業にとって欠かせない。

 有線LANは、物理的な配線によって接続しているため、物理的な防犯が重要なセキュリティ対策だ。「有線の方が無線より安全だ」と考えがちだが、サーバなどのリソースに負荷をかけてサービス停止を狙うDoS(サービス拒否)攻撃、マルウェア、データ損失のといった脅威はどちらにも存在する。有線であれ無線であれセキュリティ対策を考えることは重要だ。

有線LANとの違いから見た無線LANのリスク

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

日本企業における非財務情報(ESG関連情報)活用とその実態――アビームコンサルティング調査
データを活用し、ESG活動の成果を定量的に把握した上で経営の意思決定を行う「真の統合型...

news117.jpg

Instagramがコロナ禍で苦境の飲食店を救うためにやっていること
Facebook JapanはInstagramで飲食店を含めた中小ビジネスを支援するためのさまざまな施策...