2020年04月03日 05時00分 公開
特集/連載

「ITIL」はなぜ必要なのか? 導入のメリットを整理ITIL導入を成功に導くための基礎知識【前編】

「ITIL」は組織のITサービス運営の助けとなる書籍群で、フレームワークとしても利用できる。ITILの基本事項と、ITILが組織のIT運用に役立つ理由を説明する。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

ITIL | ITガバナンス | 運用管理


 「Information Technology Infrastructure Library」(ITIL)は、組織がITサービスをどう管理すべきかを掲載した、実用的なベストプラクティスを集めた書籍群だ。ITILはITサービス管理のフレームワークとして利用できる。組織がITILを効率的に実行に移すためには、会社の後押しと導入計画、ITIL資格取得のための資金を必要とする。

 組織のビジネス戦略や、従業員と顧客のニーズにより適したITサービスの運用が、ITILの導入で可能になる。ITILに記載されたベストプラクティスは、実在する民間企業や公共機関から引き出したもので、ITサービスと運用に関する共通の用語集にもなっている。

ITILの発行元

 ITILは、当初英国と同国の人材企業Capitaが発行していたが、現在は両社のジョイントベンチャーAXELOSが発行と管理をしている。ITILはITサービスマネジメントの国際認定規格「ISO/IEC TR 20000-11:2015」の認定基準としても利用されている。

 AXELOSはITILをバージョン3からバージョン4へと移行させている。バージョン3は、中核となる

  • Service Strategy(サービス戦略)
  • Service Strategy(サービス設計)
  • Service Transition(サービス移行)
  • Service Operation(サービス運用)
  • Continual Service Improvement(継続的なサービス改善)

の5巻で構成される。

 これらの書籍群は、ITサービスのライフサイクルを網羅しており、インシデント対処や運用、財務、変更管理といったトピックに関する一貫したベストプラクティス集を提供する。

 2019年、AXELOSはバージョン4の初巻となる「ITIL Foundation」を公開し、それに続くガイド集を2020年に順次発行する。ITILバージョン4は、製品とサービス提供のためのIT運用モデルを提供すると同時に、もっと幅広いビジネス戦略にも役立てられる内容になっている。バージョン4はそれまでのITIL書籍群の内容を拡充し、ITサービスの価値を高めることに重点を置く。これはさまざまな部門が連携して、ITサービスとサポート体制を提供する助けになる。

ITILがもたらす効果

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...