2019年05月21日 05時00分 公開
特集/連載

プロジェクトポートフォリオマネジメント(PPM)を使うべき「隠れたメリット」とはプロジェクトの価値を判断するための洞察

プロジェクトポートフォリオマネジメント(PPM)ソフトウェアがあれば、プロジェクトの管理や優先順位付け、リソースの割り当てを改善できる。それ以外にも、さまざまな潜在的メリットがある。

[Bob Violino,TechTarget]
画像

 「プロジェクトポートフォリオマネジメント」(PPM)ソフトウェアは企業にとって重要なツールだ。このツールを利用すれば、ソフトウェア開発戦略などのプロジェクトを評価し、優先順位を付けることができる。

 PPMソフトウェアを評価するに当たって考慮すべきことは何だろうか。まずはPPMソフトウェアの基本的な機能を分析して、その潜在的なメリットを理解しなくてはならない。

PPMの機能

潜在的な企業価値に合わせたプロジェクトの分析

 ユーザー企業はPPMソフトウェアを使用すると、データや指標を基にプロジェクトを評価し、自社にとっての潜在的価値を判断できる。価値が決まれば、それを基にプロジェクトの優先順位を付けることが可能だ。戦略的目標に関連してプロジェクトの価値を明らかにする際にも、PPMソフトウェアが役立つ。

複数プロジェクトの監視と相互依存関係の見極め

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...