2017年02月21日 15時00分 公開
特集/連載

DevOps移行で陥る「4つのありがちな失敗」と解決策速過ぎても遅過ぎてもダメ

プロジェクト管理スキルの低さ、計画の取りこぼし、短絡的なスタッフのいずれかを伴うと、DevOps環境への移行は大きな失敗につながる恐れがある。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

関連キーワード

DevOps


 DevOpsは企業のアプリケーション開発チームとシステム運用チームが行う作業を調和させる。しかし、この明快な定義は、DevOps環境立ち上げの複雑さを歪曲(わいきょく)して伝えている。実際、DevOps環境への移行において、最高情報責任者(CIO)は、さまざまな問題に直面する可能性がある。インフラやテスト環境の不備など技術的な問題もあれば、速さを過大評価する一方で品質を過小評価するなど文化的な問題もある。それから、経営幹部のサポートが得られないなど管理面に関する問題もあるだろう。

 本稿では、DevOps環境への移行時にやりがちな4つの失敗と、それらを回避する方策について説明する。

失敗1:DevOpsという肩書に目がくらむ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。