DevOps移行で陥る「4つのありがちな失敗」と解決策速過ぎても遅過ぎてもダメ

プロジェクト管理スキルの低さ、計画の取りこぼし、短絡的なスタッフのいずれかを伴うと、DevOps環境への移行は大きな失敗につながる恐れがある。

2017年02月21日 15時00分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]

関連キーワード

DevOps


 DevOpsは企業のアプリケーション開発チームとシステム運用チームが行う作業を調和させる。しかし、この明快な定義は、DevOps環境立ち上げの複雑さを歪曲(わいきょく)して伝えている。実際、DevOps環境への移行において、最高情報責任者(CIO)は、さまざまな問題に直面する可能性がある。インフラやテスト環境の不備など技術的な問題もあれば、速さを過大評価する一方で品質を過小評価するなど文化的な問題もある。それから、経営幹部のサポートが得られないなど管理面に関する問題もあるだろう。

 本稿では、DevOps環境への移行時にやりがちな4つの失敗と、それらを回避する方策について説明する。

失敗1:DevOpsという肩書に目がくらむ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...