2015年11月20日 15時00分 公開
特集/連載

DevOpsは「文化」、金融業界のリーダーが語るIT雇用の変化技術論だけでは普及できない背景

パブリッククラウドやコンテナ技術、マイクロサービスなどの普及はIT雇用にも影響を及ぼしつつある。企業はスタックについて総合的に考えるDevOpsチームの構築を目指している。

[Trevor Jones,TechTarget]
マルチデバイス対応企業システムの構成例(TechTargetジャパン記事「<A HREF="http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1412/17/news02.html">HTML5? それともネイティブ? スマホ業務アプリの作り方4種を徹底比較</A>」から)《クリックで拡大》

 ITモデルが変化すれば、求める人材のニーズも変わる。だがこれは大規模企業にとって、口で言うほど簡単なことではない。

 DevOps化を進める上で最大の難題の1つは、スタックの全レイヤーに関与するのに必要なスキルセットと知的好奇心を持ち合わせた人物を見つけることだ。パブリッククラウドの他、マイクロサービスやコンテナといった最新トレンドの採用が進む中、IT部門にはDevOpsの「技術」だけでなく「文化」が重要となる。

 オープンネットワーキングの実現を目指す業界団体Open Networking User Group(ONUG)が2015年11月初めにニューヨークで開催したカンファレンスでは、こうしたIT雇用ニーズの変化をテーマにディスカッションが行われ、金融業界のリーダーらが各自のアプローチを紹介した。

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。