2016年04月21日 08時00分 公開
特集/連載

6つの事例が示す 注目を集める「超高速開発」ツールの真価ガートナーの提言(1/2 ページ)

ツールによってプログラムの生成やテストを自動化する「超高速開発」が、ユーザー企業のアプリケーション開発現場でも存在感を強めている。ガートナーが示す6つの先進事例と製品選定ポイントをレポートする。

[石田 己津人,著]
ガートナー ジャパン 片山治利氏

 自動化ツールによる「超高速開発」がアプリケーション開発の常識を変えつつある――ガートナー ジャパンが2016年3月に開催した「エンタープライズ・アプリケーション&アーキテクチャ サミット 2016」において、ガートナー ジャパン リサーチディレクターの片山治利氏は超高速開発の実践例を紹介し、自動化ツールを適用すべきアプリケーション領域を明らかにした。その内容をレポートする。

アプリケーション開発自動化は開発機会多い基幹アプリに適用

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...