2016年04月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ガートナーの提言6つの事例が示す 注目を集める「超高速開発」ツールの真価 (1/2)

ツールによってプログラムの生成やテストを自動化する「超高速開発」が、ユーザー企業のアプリケーション開発現場でも存在感を強めている。ガートナーが示す6つの先進事例と製品選定ポイントをレポートする。

[石田 己津人,著]
ガートナー ジャパン 片山治利氏

 自動化ツールによる「超高速開発」がアプリケーション開発の常識を変えつつある――ガートナー ジャパンが2016年3月に開催した「エンタープライズ・アプリケーション&アーキテクチャ サミット 2016」において、ガートナー ジャパン リサーチディレクターの片山治利氏は超高速開発の実践例を紹介し、自動化ツールを適用すべきアプリケーション領域を明らかにした。その内容をレポートする。

アプリケーション開発自動化は開発機会多い基幹アプリに適用

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...