2016年04月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ガートナーの提言6つの事例が示す 注目を集める「超高速開発」ツールの真価 (1/2)

ツールによってプログラムの生成やテストを自動化する「超高速開発」が、ユーザー企業のアプリケーション開発現場でも存在感を強めている。ガートナーが示す6つの先進事例と製品選定ポイントをレポートする。

[石田 己津人,著]
ガートナー ジャパン 片山治利氏

 自動化ツールによる「超高速開発」がアプリケーション開発の常識を変えつつある――ガートナー ジャパンが2016年3月に開催した「エンタープライズ・アプリケーション&アーキテクチャ サミット 2016」において、ガートナー ジャパン リサーチディレクターの片山治利氏は超高速開発の実践例を紹介し、自動化ツールを適用すべきアプリケーション領域を明らかにした。その内容をレポートする。

アプリケーション開発自動化は開発機会多い基幹アプリに適用

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...

news016.jpg

オウンドメディアリクルーティング、実践企業の約9割が効果を実感――Indeed Japan調査
Indeed Japanは「オウンドメディアリクルーティング」に関する調査を実施しました。