自社に適した「賢いPaaS選択」 どれを選べばいいの?ガートナーの提言(1/2 ページ)

多くのベンダーがPaaSを提供している中で、自社が選択すべきPaaSはどれなのか。PaaSの種類やアーキテクチャの違い、サービス選択のポイントを紹介する。

2016年03月30日 08時00分 公開
[三浦優子]
Gartner Research アン・トーマス氏

 多くのベンダーがPaaS(Platform as a Service)を提供している中で、自社が選択すべきPaaSはどれなのか、迷っている企業も多いのではないか。ガートナー ジャパンは2016年3月14日、「エンタープライズ・アプリケーション&アーキテクチャ サミット2016」において、PaaS選択のポイントを紹介するセッションを行った。

 Gartner Researchのバイスプレジデント兼上級アナリストであるアン・トーマス氏は、PaaSの種類とそれぞれの特徴、メリットを把握することで、選択すべきものが見えてくると提言する。以下は全てトーマス氏の発言で、講演「賢いPaaS選択」の内容を要約したものだ。

PaaSについて考える3つの観点

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...