2016年03月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ガートナーの提言自社に適した「賢いPaaS選択」 どれを選べばいいの? (1/2)

多くのベンダーがPaaSを提供している中で、自社が選択すべきPaaSはどれなのか。PaaSの種類やアーキテクチャの違い、サービス選択のポイントを紹介する。

[三浦優子,著]
ttaa_gartner.jpg Gartner Research アン・トーマス氏

 多くのベンダーがPaaS(Platform as a Service)を提供している中で、自社が選択すべきPaaSはどれなのか、迷っている企業も多いのではないか。ガートナー ジャパンは2016年3月14日、「エンタープライズ・アプリケーション&アーキテクチャ サミット2016」において、PaaS選択のポイントを紹介するセッションを行った。

 Gartner Researchのバイスプレジデント兼上級アナリストであるアン・トーマス氏は、PaaSの種類とそれぞれの特徴、メリットを把握することで、選択すべきものが見えてくると提言する。以下は全てトーマス氏の発言で、講演「賢いPaaS選択」の内容を要約したものだ。

PaaSについて考える3つの観点

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...