オンプレミスインフラ再始動?【前編】
「オンプレミス回帰」「オンプレミス復権」が“もはや常識”になる理由
クラウドサービスが企業のITインフラとして定着しつつある一方で、オンプレミスインフラが再び注目を集めている。企業のインフラ戦略は、どのように変化しているのか。(2024/7/11)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「Red Hat製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/6/24)

RHELとSLESの違い【後編】
Linux初心者がまず知っておくべき「RHEL」「SLES」の違いとは?
Red Hatの「RHEL」とSUSEの「SLES」は、どちらも代表的なLinux向けディストリビューションだ。これからLinuxを学ぶ人は、両者の違いを幾つか押さえておく必要がある。まず学ぶべき点とは。(2024/6/18)

RHELとSLESの違い【中編】
「RHEL」対「SLES」 Linuxディストロの学びやすさや認定資格の違いとは?
「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)には、Linuxディストリビューションそのものだけではなく、周辺ツールやサービスにも違いがある。学習や認定資格から見た違いは。(2024/6/11)

RHELとSLESの違い【前編】
企業向けLinuxディストリビューション「RHEL」「SUSE」は何が違う?
主要な「Linux」ディストリビューションとして、Red Hatの「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と、SUSEの「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)がある。稼働するアーキテクチャや関連サービスの違いとは。(2024/6/4)

ハイブリッドクラウドのトレンド10選【後編】
ハイブリッドクラウドユーザーの本音「プログラミング言語に依存したくない」
「ハイブリッドクラウド」のインフラやツールが進化している。ハイブリッドクラウドを採用することで得られるメリットや、ハイブリッドクラウドのトレンドを紹介する。(2024/5/20)

ハイブリッドクラウドのトレンド10選【前編】
「ハイブリッドクラウド」の人気が高まる“5つの理由”
ハイブリッドクラウドへの移行が加速している。なぜ企業はハイブリッドクラウドを選択するのか。近年のハイブリッドクラウドの潮流と併せて解説する。(2024/5/13)

「Linux」認定資格11選【後編】
「Linux」のエキスパートを名乗るならどの“認定資格”を取得すべき?
業務で「Oracle Linux」「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)を扱うIT管理者が、自身のスキルをアピールするためには、ベンダーが提供する認定資格の取得を目指すのが有効だ。どのような選択肢があるのか。(2024/4/30)

IT予算に関する企業の本音【後編】
実はアプリ開発の“あの技術”は重要じゃなかった? Red Hatが調査
企業がアプリケーション開発において、重視している方針を調査したところ既存アプリケーションのモダナイゼーションが最上位だった。一方で、企業はある項目については重視していないことも分かった。(2024/4/18)

生成AIで変化する開発【第3回】
人気の「ソースコード自動生成ツール」に共通する“2つの特徴”はこれだ
開発業務における生成AIの活用が進んでいる。開発者が評価するAIツールにはどのような特徴や機能があるのか。AI時代の開発者に求められるスキルと併せて解説する。(2024/4/17)

「Linux」認定資格11選【前編】
「RHELマスター」になるなら手に入れておきたい“Linux認定資格”とは?
「Red Hat Linux Enterprise」(RHEL)を業務で扱うIT管理者が、自分の知識やスキルを証明したい際は、Red Hatが提供する認定資格が役立つ。どのような認定資格があるのか。(2024/4/16)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第4回】
“年収1500万円”の高収入エンジニアになれる「サーバの必須スキル」はこれだ
サーバエンジニアとして高収入を得るには、サーバ分野のどのような知識やスキルを持っておく必要があるのか。基本となる必須項目を押さえておこう。(2024/4/15)

IT予算に関する企業の本音【前編】
「オンプレミス回帰」は本当に起きているのか“幻想”なのか? Red Hatが分析
パブリッククラウドからオンプレミスへの回帰といった動向が注目される傾向にあるが、実際にITインフラの分野で起きていることは何なのか。Red Hatが分析した。(2024/4/11)

データセンターに再び脚光?
生成AIで加速し始めた「新世代オンプレミス」“3つの変化”はこれだ
企業において生成AI導入が進む中、データセンターではハイブリッドクラウドに焦点が移りつつある。オンプレミスインフラで予測される変化を3つの視点で解説する。(2024/3/22)

Nutanix×Red Hatセミナーレポート
“VMwareの急変”に苦悩するIT部門をNutanixとOpenShiftが救う理由
BroadcomによるVMware製品の販売方針の転換で、不安が広がっている。だが、これをより進化したアプリケーション基盤に移行するチャンスだと考えることもできる。ニュータニックス・ジャパンとレッドハットが開催したセミナーからその理由を探る。(2024/3/21)

Linuxディストリビューションの選択肢【後編】
CentOS後継争い「Rocky Linux」対「AlmaLinux」の勝負は“あれ”で決まる
Red Hatが「CentOS Linux」を廃止したことで、企業は「RHEL」の代わりとして利用できる安定したディストリビューションを探すことになった。「Rocky Linux」「AlmaLinux」のどちらが選ばれるのか。(2024/3/19)

Linuxディストリビューションの選択肢【前編】
CentOS後継として「Rocky Linux」と「AlmaLinux」が人気な訳
「Rocky Linux」と「AlmaLinux」は、Red Hatが「CentOS Linux」の廃止を発表した後に誕生したディストリビューションだ。CentOS Linuxの後継として選ばれるRocky LinuxとAlmaLinuxにはどのような特徴があるのか。(2024/3/12)

Linuxのセキュリティを比較【後編】
Linuxの「SELinux」と「AppArmor」は結局どちらを選ぶべき?
アクセス制御を「Linux」で実行する上では、主に「SELinux」と「AppArmor」の2つの選択肢がある。それぞれの利点と欠点をまとめた。(2024/3/11)

Linuxを攻撃から守るには【前編】
「Linux=安全なOS」ではない 狙われる当然の実態
オープンソースのOS「Linux」を標的にした攻撃活動が盛んだ。システムをマルウェア感染させないためにはどのような対策が有効なのか。Linuxに迫る脅威と併せて解説する。(2024/3/6)

Linuxのセキュリティを比較【前編】
Linuxを守る「SELinux」と「AppArmor」は何が違うのか?
「Linux」を不正アクセスから保護するために、「SELinux」と「AppArmor」が活用できる。両者は具体的に何が違うのか。複数の観点から解説する。(2024/3/4)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第3回】
ESXi「サポート切れ」後の代替候補になるHyper-V、KVM、AHVの違いはこれだ
「VMware vSphere」や「ESXi」のサポート終了は、ハイパーバイザーの移行を検討する機会になる。「Hyper-V」「KVM」「Nutanix AHV」など、主なハイパーバイザーの特徴や比較するときのポイントを説明する。(2024/3/28)

Linuxコマンド「tar」の使い方【前編】
いまさら聞けない「Linux」コマンド tarでファイルを操作する
Linuxの「tar」コマンドは、Linuxにおいて広く使われているアーカイブファイル作成用のコマンドだ。幾つか基本のコマンドを使用しながら、ファイルのバックアップから復元までの手順を学んでおこう。(2024/2/25)

Javaの10個のメリット【第1回】
なぜ「Java」は開発者に好かれるのか? 人気を呼ぶ理由
登場以来、「Java」はさまざまな進化を重ね、アプリケーション開発分野の主要なプログラミング言語であり続けている。Javaのメリットを、「オープンソース」「コミュニティー主導」であることに焦点を合わせて説明する。(2024/2/14)

無償版「RHEL」が使えなくなる?
「CentOS Linux」の終了だけじゃなく「移行先が決まらない」のが大問題?
Red Hatは「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)の無償版である「CentOS」を廃止し、「CentOS Stream」を提供開始した。CentOS Streamに移行する以外の選択肢はあるのか。(2024/1/27)

「25年も消えない脆弱性」への対策は?
四半世紀にわたって解決しないRSA暗号「謎の脆弱性」の正体
新たに発見される脆弱性だけではなく、古くからある脆弱性にも要注意だ。データ暗号化に使われる「RSA方式」もその例外ではない。1998年に発見され、2023年現在も残る脆弱性とは。(2023/11/29)

Linuxでの「Vim」の使い方【第1回】
いまさら聞けない「Vim」とは? 使いながら学ぶ“人気エディタ”の基本
Linuxでテキストを編集する際、標準ツールである「Vim」を利用することが選択肢に上る。Vimでは何ができるのか、Vimを使うにはどうすればよいのかといった基本的な項目を解説する。(2023/11/24)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第6回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」のセキュリティを比較 独自要件を満たすには?
「Kubernetes」クラスタの運用管理では、セキュリティ対策が不可欠だ。Kubernetesクラスタ管理ツールの「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」には、それぞれどのようなセキュリティ機能があるのか。(2023/11/2)

IBMの過去と現在【第4回】
“異色のベンダー”IBMの戦略に見る「これからのストレージ」とは?
IBMは戦略の中心を、かつて事業をけん引していたオンプレミスサーバから、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドに移している最中だ。同社はどのような製品やサービスの提供に注力しているのか。(2023/11/1)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第5回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」のスケーリング機能の違い 何を自動化する?
Kubernetesクラスタの運用においては、負荷状況に応じて適切なリソースを割り当てる必要がある。リソースのスケーリングにおいて、「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」が提供する機能の違いとは。(2023/10/31)

IBMの過去と現在【第3回】
「IBMのストレージ」総まとめ 押さえるべきラインアップはこれだ
IBMはさまざまなストレージ製品やサービスを提供している。従来のオンプレミスサーバやアプライアンスだけではなく、クラウドサービスやコンテナを念頭に置いた製品やサービスも展開中だ。何を提供しているのか。(2023/10/30)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第4回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」のログ機能を比較 具体的な違いは?
自社の要件に合うKubernetesクラスタ管理ツールを選ぶ際には、監視・ロギング機能を比べるのも手だ。「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」がそれぞれ提供する監視・ロギング機能を比較する。(2023/10/27)

IBMの過去と現在【第2回】
コンピュータの巨人IBMが“かつての栄光”を取り戻すときは来るか
IT業界において存在感を示してきたIBMは、近年業績の不振にあえいでいる。ストレージ分野に関する同社の業績を振り返るとともに、明るい兆しが見える今後の展望を読み解く。(2023/10/26)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第3回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」をデプロイ機能で比較 何が違う?
Kubernetesクラスタの運用管理ツールは、操作の自動化や一元管理などによる省力化が可能だ。アプリケーションのデプロイや管理において「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」はどう違うのか。(2023/10/25)

IBMの過去と現在【第1回】
コンピュータの代名詞「IBM」という“巨大IT企業”はいかにして誕生したのか
IT分野の巨人であるIBMは、現在の地位を築くまでにどのような道のりをたどったのか。同社のこれまでの歴史を振り返ってみよう。(2023/10/24)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第2回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」を比較 Kubernetesクラスタ管理の違いは?
「Kubernetes」クラスタの運用管理ツールにはさまざまな選択肢がある。自社の要件に合うツールを選ぶために、「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」が備える管理機能を学ぼう。(2023/10/23)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第8回】
「SAP ERPのクラウド移行」にSUSEが注目するのはなぜ?
SUSEはアジア太平洋地域における事業拡大に向けて、SAPのERPを切り口としたビジネスに期待を寄せている。どういうことなのか。SUSEとSAPの密接な関係を探る。(2023/10/17)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第7回】
LinuxベンダーSUSEが脱「販売」に動くしかない“深い理由”
競合Red Hatから新しいCEOを迎え入れたSUSEは、技術開発に注力するとともに、販売体制を一新する。具体的には何をするのか。(2023/10/13)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第6回】
「OSSのコモディティ化」がうれしい商用Linuxベンダーの本音
近年、OSS業界の懸念事項になっているコモディティ化。LinuxベンダーのSUSEはこの動向をどう捉えているのか。単独インタビューで同社CEOに聞いた。(2023/10/10)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第5回】
商用Linux「RHELの今後」を左右する“SUSEの真意”とは?
LinuxベンダーSUSEは、ソースコードへのアクセスを限定する競合Red Hatに対して、OSSの基本である「誰でも利用できること」を追求している。理想とビジネスをどうやって両立させるのか。(2023/10/6)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第4回】
SUSEの「RHEL代替品」は“朗報”なのか、野望に終わるのか?
Red Hatの「RHEL」の代替製品を開発し、Linux市場で攻勢を掛けるSUSE。今後の課題になるのは、RHEL代替製品をどう普及させるかだ。同社のCEOとCTOの考えは。(2023/10/3)

開発や運用における「生成AI」の実力【第2回】
“生成AIが仕事を奪う”なんて話より大事な「IaC」や「SRE」に何が起きるのか
人間の仕事は生成AIに置き換わるのではないかという懸念が広がっている。生成AIは開発者や運用担当者の仕事をどう変える可能性があるのか。(2023/9/29)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第3回】
Red Hatの「RHEL」に不満な人を救うのは“SUSE”か?
新製品開発に注力し、競合Red Hatに果敢に対抗しようとしているSUSE。「全てはユーザー企業のためだ」と語るSUSEのCEOに、取り組みの“理由”を聞いた。(2023/9/29)

コンテナ活用環境はもっと早く柔軟にできる
オンプレミスのコンテナ基盤に3つの不満、NSSOLはクラウド移行で解消できたのか
オンプレミスのコンテナ基盤ではリソース変更の俊敏性、開発に欠かせないマネージドサービスとの連携性などに不満の声がよく上がる。この問題を、日鉄ソリューションズ(NSSOL)はAzure移行で解決したという。環境はどれほど変わったのか。(2023/9/28)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第2回】
商用Linux「RHEL」の対抗馬“SUSE”が打ち出すこれからの技術とは?
新しい経営体制を整え、アジアを中心にビジネス成長を目指すLinuxベンダーSUSE。今後は何に商機を見いだし、どう事業拡大を図るのか。同社の新CEOに聞いた。(2023/9/26)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第1回】
OSSらしくない「Linuxディストリビューションの矛盾」とは
LinuxベンダーSUSEはアジアで攻勢を掛ける。同社が事業拡大のチャンスとして見るのは競合Red Hatが打ち出した“ある動き”だ。SUSEの新CEOは何を考えているのか。(2023/9/20)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「ソフトウェア開発・運用の取り組み・標準化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/8/24)

自動化が「当たり前」の時代にできること:
IT運用自動化を誤解していないか、エキスパート3人が展開した本質に迫る議論
IT運用自動化への関心がますます高まる中、実際の取り組みは遅々として進まない状態にとどまっている。単にツールを入れるだけで解決できる問題ではなく、従来とは異なる目的意識が必要だ。IT運用自動化のエキスパートに話を聞いた。(2023/8/28)

レッドハット株式会社提供Webキャスト
機器障害の受信から対応まで、ネットワーク運用を自動化する方法
ネットワーク運用における障害対応を効率化する手段として、あるIT自動化プラットフォームが注目されている。同プラットフォームに新たに追加された「イベント駆動型」の自動化機能について、デモを通じて詳しく解説していく。(2023/8/21)

レッドハット株式会社提供Webキャスト
定番のIaC製品、Ansibleは最新バージョン2.4でどのような機能が追加されたのか
定番ITインフラ構成管理ツールであり、IaCプラットフォームでもあるAnsible Automation Platformの最新バージョンがリリースされた。新たな注目機能とともに、バージョンアップ時に検討すべきポイントを解説する。(2023/8/18)

レッドハット株式会社提供Webキャスト
自然言語の指示でIaCのプレイブックを開発、コード生成まで自動化を可能に
ITインフラの構成・運用管理を自動化するIaC(Infrastructure as Code)だが、その手順書となるプレイブックの開発にはやはり相応のスキルが必要だ。このプレイブック開発までを自動化することで、運用管理のさらなる負荷軽減を図りたい。(2023/8/18)