「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第3回】
Nutanix、Red Hat、NetAppの「HCI×Kubernetes」は? マルチクラウドも視野
「Kubernetes」がさまざまなHCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品で利用できるようになってきた。本稿はNutanix、Red Hat、NetAppの取り組みを紹介する。(2021/4/14)

コンテナネットワークの基礎知識【第6回】
AWS、Azure、GCPの「Kubernetesサービス」とは? 可用性を高めるための工夫
Kubernetesクラスタの構築・運用は簡単ではありません。運用するインフラを問わず、Kubernetesの課題を解消するさまざまな製品やサービスが登場しています。大手クラウドベンダーの関連サービスを紹介します。(2021/4/14)

「CloudEndure Disaster Recovery」「Azure Site Recovery」を比較する【前編】
AWSのCloudEndure Disaster RecoveryとAzure Site Recoveryの用途、構造の違い
代表的なDRaaSであるAWSの「CloudEndure Disaster Recovery」とMicrosoftの「Azure Site Recovery」。両者は何が違うのか。用途とアーキテクチャの観点から比較する。(2021/3/26)

「データ主導型企業」に必要な人材育成の勘所【後編】
「データリテラシー」の高い社員を育てる鉄則とは? Red Hatに聞いた
データ主導型企業を目指す上で重要なのが、従業員のデータリテラシー向上だ。その実現のためには何をすればよいのか。データリテラシーに関する独自のトレーニングプログラムを始めたRed Hatに聞いた。(2021/3/17)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第1回】
「コンテナ」の良さとは? 「HCI」で「Kubernetes」を動かす意味は?
ベンダーは「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)でコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」を利用しやすくする取り組みを活発化させている。HCIとKubernetesにどのような可能性を見込んでいるのか。(2021/3/12)

コンテナネットワークの基礎知識【第5回】
「Kubernetesクラスタ」の自前構築はなぜ難しい? Kubernetes運用の基礎知識
大規模なコンテナ環境を扱う際に必要になるのが「Kubernetes」です。ただしKubernetesそのものを使ってコンテナクラスタを構築するのは簡単ではありません。どのような点に注意が必要なのでしょうか。(2021/3/16)

AWS、Microsoft、Google、IBM、Oracleのクラウド戦略【後編】
AWSではなく「Azure」「GCP」「IBM Cloud」「OCI」を選びたくなる強みとは?
代表的なクラウドサービスが「Amazon Web Services」(AWS)であることは明確だが、AWSのみがクラウドサービスではない。独自の強みをアピールする、他の主要ベンダー各社が提供するクラウドサービスの特徴とは。(2021/3/5)

CentOS Streamでは不安な人へ
RHEL互換の安定志向OS「AlmaLinux」はCentOSユーザーの福音となるか
CentOSプロジェクトの方針変更は多くのCentOSユーザーを驚かせた。コミュニティーベースのRHELフォークをうたうAlmaLinuxは、CentOSからの移行に最適かもしれない。(2021/3/1)

「クラウド管理者」必修スキル【後編】
クラウド管理者に「IaC」「CI/CD」が役立つ理由と、必要なスキルの身に付け方
クラウド管理者が仕事をする上で必要なスキルはさまざまだ。そのうち「IaC」「CI/CD」のスキルを紹介した上で、クラウド管理者を目指す人がこれらを含めた幅広いスキルを習得する方法を説明する。(2021/2/25)

いまさら聞けないサーバレス入門【前編】
サーバレスが抱える「パフォーマンスを制御できない」問題
サーバレスには多くのメリットがある。だが幾つか認識しておくべき問題もある。パフォーマンスを制御できない(実行速度を予測できない)とはどういうことなのか。解決する方法はあるのか。(2021/2/8)

TechTarget発 世界のITニュース
VMware、NutanixのラマスワミCEOを契約違反で提訴 双方の言い分は?
NutanixのラマスワミCEOを契約に違反で提訴したVMware。NutanixとVMware、両社の言い分とは。(2021/1/25)

Kubernetes創始者ジョー・ベダ氏インタビュー【後編】
Kubernetesエコシステムのゴールとは何か?
複数のKubernetesディストリビューターが競争し、コミュニティーが発展し、Kubernetes用の多数のツールが生まれている。ジョー・ベダ氏が考えるエコシステムの理想型とは。(2021/1/19)

仮想化時代の一押し技術【前編】
Docker、ハイブリッドクラウド、Ansible――IT管理者なら知っておきたい技術
仮想化技術の浸透に伴ってインフラが変化し続ける中、IT管理者が習得する必要がある技術も変化している。注目すべき技術とは何か。専門家が解説する。(2021/1/14)

Kubernetes創始者ジョー・ベダ氏インタビュー【前編】
VMwareは「Tanzu」でユーザーをロックインしようとしているのか?
VMwareのKubernetes関連製品群がVMware Tanzuだ。VMwareはTanzuで何をやろうとしているのか。Kubernetesの創始者の1人で現在はVMwareのプリンシパルエンジニアであるジョー・ベダ氏に聞いた。(2021/1/13)

「Windows」の主要パッチ管理ツール【第2回】
Windowsパッチ管理ツール「Ivanti Security Controls」「Kaseya VSA」の基礎
「Windows」のパッチ管理作業を最適化するには、Microsoft純正の管理ツール以外にもサードパーティー製ツールが選択肢になる。本稿は「Ivanti Security Controls」と「Kaseya VSA」を紹介する。(2021/1/6)

運用をより容易に
「自動化」がより進化した「Red Hat Enterprise Linux 8.3」
RHEL 8.3は各種の自動化機能がさらに強化されている。RHEL 8.3の概要を簡単に紹介する。(2020/12/22)

「DX推進と社内システムの課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2021/1/6)

クラウドニュースフラッシュ
「脱クラウド」に前向きな国内組織は8割超、その理由とは?
インフラの利用動向やサントリーのAWS移行、UQコミュニケーションズの「Oracle Cloud Infrastructure」導入事例など、クラウドに関する国内の主要なニュースを6つ取り上げる。(2020/11/30)

クラウドニュースフラッシュ
IBM Cloudの「大阪リージョン誕生」は何がうれしいのか?
IBMの大阪リージョン開設や国内のパブリッククラウド市場予測、SMBCモビットの「Red Hat OpenShift」導入事例など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2020/10/30)

歴史から探る相違点と類似点
「WildFly」「JBoss EAP」の基本的な違いは? Java2大APサーバ比較
「Java」のアプリケーションサーバ「WildFly」と「Red Hat JBoss Enterprise Application Platform」(JBoss EAP)は何が違うのか。両者には共通する部分は多いものの、明確な違いがある。(2020/10/26)

IBMとRed Hatの“良い前例”が希望か
NVIDIAによる買収で“Arm離れ”は結局起こるのか、起こらないのか
GPU大手のNVIDIAが、プロセッサ設計大手のArmの買収を発表した。Armは複数のプロセッサベンダーと取引をしており、今回の買収は顧客企業との関係性に影響を及ぼす可能性がある。どのような影響があるのか。(2020/10/24)

「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【後編】
IBMが「OpenShift」「Ansible」などのRed Hat製品を取り込む“本当の狙い”
IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」と、「OpenShift」や「Ansible Automation」といったRed Hat製品を組み合わせた提案を進めている。その狙いとは。(2020/10/14)

「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【前編】
IBMは今なぜ「従量課金型Power Systems」を売るのか
IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」に従量課金型の料金体系を導入した。ユーザー企業にとって、どのようなメリットがあるのか。(2020/10/7)

コンテナネットワークの基礎知識【第4回】
Kubernetesだけじゃない「コンテナオーケストレーター」 Mesos、Swarmとは?
「Docker」の普及で利用が広がったコンテナ。その大規模運用の際に威力を発揮するのが「コンテナオーケストレーター」です。「Kubernetes」などの主要なコンテナオーケストレーターを紹介します。(2020/10/14)

優位を主張するRed Hat
Kubernetesプラットフォームを巡り過熱するRed HatとVMwareの競争
仮想マシンとコンテナの統合管理が課題になり、Kubernetesの仮想マシン対応が主戦場となりつつある。Red HatはVMwareとの競争をどう見ているのか。Red Hatの主張を紹介する。(2020/6/23)

OpenShift 4.5リリース情報も
企業IT基盤の中でコンテナはどう生かされるか、Red Hatの提案
近年Red Hatが掲げる「オープンハイブリッドクラウド」。オンラインで開催された年次イベントではオープンハイブリッドクラウドの本質を生かした先進事例が多数発表され、話題を呼んだ。本稿ではその本質に迫る。(2020/6/19)

5Gの複雑性を解決
HPEが5Gインフラ構築用オープンソースソフトウェアを提供
HPEが地理的に分散し複数世代の技術が混在した環境を前提に、5Gインフラの構築を実現するソフトウェアを提供するイニシアチブを発表した。(2020/5/26)

Kubernetesストレージの基礎【後編】
あらゆるストレージとデータソースをコンテナ化して統合する「Rook」の魅力
Rookは、各種ストレージハードウェアやクラウドストレージ、SQLおよびNoSQLデータベースをまとめてソフトウェア定義ストレージ化する。Kubernetesユーザー注目のソリューションの魅力と課題を紹介する。(2020/5/13)

マルチクラウド管理ツールの選び方【後編】
マルチクラウド管理に役立つ「IaC」「Kubernetes管理」「CASB」とは?
マルチクラウドの運用管理に役立つ「マルチクラウド管理ツール」。コンテナを運用する場合、セキュリティを強化したい場合に向けてどのようなツールがあるかを見てみよう。(2020/4/28)

ロックインなしでイノベーションを継続するクラウドサービスとは
NTTデータがクラウドサービスにオープンテクノロジーを採用、その真意は
NTTデータが提供しているクラウドサービス(OpenCanvas)を拡充し、アジリティーと堅牢(けんろう)性を両立させるという。どんな技術を採用したのだろうか。(2020/4/24)

長年の議論に終止符は打たれるか
「Xen」と「KVM」 2大ハイパーバイザーのどちらを選ぶべきなのか?
「Xen」か「KVM」かという論議は、どちらを主要ハイパーバイザーにするかという選択を管理者に迫る。それぞれどのような特徴があるのか。(2020/4/21)

「ビッグスリー」以外のクラウドサービス4種類を比較【中編】
AWS、Azure、GCPではなく「IBM Cloud」「Oracle Cloud」を選ぶべき理由と課題
クラウドサービスを選定するときは、ビッグスリー以外のクラウドベンダーにも目を向ける価値はある。本稿は老舗ITベンダーのクラウドサービスである「IBM Cloud」と「Oracle Cloud」について詳しく説明する。(2020/4/9)

初心者のための「Linux」基礎用語解説【後編】
いまさら聞けないLinuxの「ディストリビューション」「ブートローダー」とは?
「Linux」を理解するために最低限知っておくべき基本的な用語は幾つかある。「OS」「カーネル」「GPL」を解説した前編に引き続き、後編は「ディストリビューション」「ブートローダー」の2つの用語を紹介する。(2020/4/5)

VMwareのコンテナ市場での戦い【後編】
VMwareが「コンテナ」市場でRed Hat、Dockerを追い抜く日
コンテナ市場の拡大に合わせて、Red HatやDockerなどのベンダーが新たな戦略を打ち出している。サーバ仮想化製品大手のVMwareも例外ではない。それぞれどんなアプローチを取っているのか。(2020/3/31)

VMwareのコンテナ市場での戦い【中編】
VMwareは「コンテナ」市場で存在感を示すために何をしているのか
コンテナ型仮想化技術の人気上昇を受け、VMwareが戦略を転換しつつある。市場で優位に立っているRed HatやDockerに対抗するため、VMwareはどのようなアプローチを取るのか。(2020/3/25)

「デジタル変革」に関するアンケート
アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2020/4/15)

VMwareのコンテナ市場での戦い【前編】
VMwareが「コンテナ」市場でRed HatとDockerに引き離されている理由
仮想マシン(VM)に代わる技術として、コンテナが注目を集めている。VM技術ベンダーの大手VMwareは、なぜRed HatやDockerに対してコンテナ市場で後れを取っているのか。(2020/3/18)

プロセッサの勢力図再検討【後編】
EPYCで復活したAMD、魅力を増すIBMのPOWER
Intelよりも低コストを実現したEPYC。魅力的なアーキテクチャで存在感を示すPOWER。AMDとIBMの動向とともに、CPUを取り巻く市場の変化を解説する。(2020/3/9)

「RHEL」「Ubuntu」を比較【後編】
「RHEL」と「Ubuntu」をユーザビリティ、ライセンス、ドキュメントで比較する
代表的なLinuxディストリビューションである「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「Ubuntu」。両者を比較する上で重要な4つのポイントのうち、残る3つのポイントを紹介しよう。(2020/1/30)

「RHEL」「Ubuntu」を比較【前編】
Linuxディストリビューションの二大巨頭「RHEL」「Ubuntu」の違いは?
Linuxディストリビューションを選ぶ前には、幾つか把握しておかなければならないポイントがある。代表的な「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「Ubuntu」の違いを整理する。(2020/1/24)

「Kubernetes」か「Mesos」か【中編】
「Kubernetes」で複数のコンテナを管理するには?
コンテナエコシステムにおいて「Kubernetes」は中心的な存在だ。さまざまな周辺ツールが存在する中で、複数のコンテナを連携させる際、Kubernetesをどのツールと併用すればよいのだろうか。(2020/1/24)

「Fat Tire」「Voodoo Ranger」のメーカーが決断
クラフトビールメーカーがクラウドをやめてHCI「VxRail」に移行した理由
ビールメーカーのNew Belgium Brewing Companyは、業務アプリケーションを稼働させていたクラウドをやめて、HCIに移行した。何が理由だったのか。(2020/1/23)

「コンテナエスケープ」の脅威と対策【前編】
Dockerも利用する「runc」に重大な脆弱性 何が危険か? 対策は?
主要なコンテナランタイム「runc」に重大な脆弱性が見つかった。攻撃者がこの脆弱性を悪用すると、コンテナ経由でホストシステムの管理者権限を奪える可能性がある。対策はあるのか。(2020/1/10)

ハイブリッドクラウドが向かう先【後編】
Microsoft、AWS、Google、VMware、IBMがハイブリッドクラウドで狙うもの
Microsoftはハイブリッドクラウド環境を構築する製品として2017年に「Azure Stack」を投入した。そして2019年、「Azure Arc」を発表した。同社の動きが意味するものとは。(2019/12/19)

設計から参画するフルマネージドサービス
レガシーシステムを捨てられない大企業のためのDX支援サービスとは
止められないシステムを誰が俊敏に置き換えるのか? 企業ITのDXを語るとき、まず課題になるのがレガシーの扱いだ。それぞれがサイロ化せず一貫性のある環境でマルチクラウド/クラウドネイティブのトレンドに追従する方法はあるか。(2019/12/17)

速くて安全なDevOpsを実現するために
コンテナアプリのセキュリティ、「シフトレフト」を成功させる方法
自動化を駆使してコンテナアプリのDevOpsサイクルを回すとき、忘れてはならないのがビルド段階からデプロイ後までのライフサイクルを通したセキュリティ対策だ。OpenShiftを採用する場合に一緒に検討すべきポイントを整理する。(2019/12/18)

ブラックハットハッカーからレッドハットハッカーまで
「ハッカー」を帽子の色で6種類に分類 あなたは幾つ説明できる?
セキュリティ専門家ならブラックハット、ホワイトハット、グレーハットにはなじみがあるだろう。だがグリーンハット、ブルーハット、レッドハットにまで広がるとどうだろうか。新旧ハッカーを種類別に解説する。(2019/11/24)

インフラ自動化のメリットを最大限引き出す
良かれと思った部分最適が全体の効率を下げる 脱「タスク効率化だけの自動化」
現在の企業の中で「自動化」はビジネスの発展に影響する重要な要素だ。自動化をうまく進めれば属人化や人材不足に対して策が打てる上、サービス開発のスピードも向上できる。しかし、なかなか自動化が進まない現状がある。なぜなのか。(2019/11/14)

コンフィデンシャルコンピューティング始動【前編】
データの「最後の弱点」を解決するコンフィデンシャルコンピューティング
保管中のデータと転送中のデータについては暗号化による保護の方法論が確立している。だが処理中のデータは無防備で、漏えいの危険性がある。これを抜本的に解決する取り組みが始まった。(2019/10/23)

Oracleからの移管
「Java EE」の後継「Jakarta EE」が公開、両者の違いは?
Oracleから「Java EE」を譲り受けたEclipse Foundationが、2019年9月にJava EEの互換版「Jakarta EE」をリリースした。その詳細や今後の開発方針を関係者に聞いた。(2019/10/17)