コンテナオーケストレーターの基礎知識を深める
いまさら聞けない「OpenShift」と「Kubernetes」の基礎 どう違うのか?
コンテナオーケストレーターの「OpenShift」と「Kubernetes」は似ているが、全てが同じわけではない。両者の共通点を整理しつつ、どのような違いがあるのかを解説する。(2021/5/19)

「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【後編】
IBMが「OpenShift」「Ansible」などのRed Hat製品を取り込む“本当の狙い”
IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」と、「OpenShift」や「Ansible Automation」といったRed Hat製品を組み合わせた提案を進めている。その狙いとは。(2020/10/14)

クラウドネイティブを支える運用の自動化技術
「Red Hat OpenShift 4」が提供する「企業IT、運用レス化」の衝撃
われわれはいつまでITインフラの運用に人員を割くのか。Red HatはRed Hat OpenShiftを軸に本気で日本のIT市場に運用プロセス自動化を普及させるつもりだ。Red Hat Summitを終えた今、最新技術動向を取材した。(2019/5/28)

多くの企業が間違える「コンテナ導入の理由」
KubernetesとOpenShift、企業が使うならどちらが効果的か
次世代の企業IT基盤として注目を集めるKubernetes。だがKubernetesやコンテナ導入「だけ」では運用が肥大化してしまうことも多く、DXを実現するのは困難だ。その解決策を聞く。(2020/6/12)

クラウドニュースフラッシュ
IBM Cloudの「大阪リージョン誕生」は何がうれしいのか?
IBMの大阪リージョン開設や国内のパブリッククラウド市場予測、SMBCモビットの「Red Hat OpenShift」導入事例など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2020/10/30)

7大「Kubernetes管理ツール」を比較【後編】
Kubernetes管理ツール「Platform9」「OpenShift」「JUKE」の違いは?
マルチクラウドにおけるKubernetesの運用を簡素化する主要な「Kubernetes管理ツール」を紹介。Kubernetesが今後どのような方向性で進化するのかについても考察する。(2019/6/20)

速くて安全なDevOpsを実現するために
コンテナアプリのセキュリティ、「シフトレフト」を成功させる方法
自動化を駆使してコンテナアプリのDevOpsサイクルを回すとき、忘れてはならないのがビルド段階からデプロイ後までのライフサイクルを通したセキュリティ対策だ。OpenShiftを採用する場合に一緒に検討すべきポイントを整理する。(2019/12/18)

Javaのエコシステムを生かしつつ「クラウドネイティブ」に移行する道筋
OpenShift 4はどこまで開発者を自由にできるか、Red Hatの答え
コンテナやサーバレスなどのクラウド由来の新しいアーキテクチャを企業ITに取り込むにはどうしたらよいか。Red Hatはこれまでの投資を無駄にせずクラウドネイティブに対応する意欲的なチャレンジを進める。技術詳細を取材した。(2019/6/3)

ヴイエムウェア vs. レッドハット
【徹底比較】2大Open Paas、Cloud FoundryとOpenShiftの強み/弱み
Cloud FoundryとOpenShiftはプロダクト展開がかなり似通っている。両者の強みと弱みを考えるには、ヴイエムウェアとレッドハット両社の強みと弱みを第一に考えなくてはならない。(2012/6/18)

Red HatとZendが提携
OpenShiftとZend Serverの統合は開発者に何をもたらすか
オープンソースのPaaS「OpenShift」を有するRed Hatと、PHPアプリケーションサーバ「Zend Server」のZendが提携した。中〜大規模企業をターゲットに、モバイルアプリケーション開発市場の拡大を狙う。(2012/11/27)

PaaSを3つに分類
注目のPaaSを一挙に紹介! 〜Cloud Foundry、OpenShift、Herokuなど
Cloud FoundryやOpenShift、Herokuなど、今注目のPaaSを一挙に紹介する。主要コンポーネント、対応言語やデータベース、想定用途などをまとめた。(2012/3/21)