2012年11月27日 08時00分 公開
特集/連載

Red HatとZendが提携 OpenShiftとZend Serverの統合は開発者に何をもたらすか

オープンソースのPaaS「OpenShift」を有するRed Hatと、PHPアプリケーションサーバ「Zend Server」のZendが提携した。中〜大規模企業をターゲットに、モバイルアプリケーション開発市場の拡大を狙う。

[Adam Riglian,TechTarget]

 米Red Hatが米Zendと提携を結んだ。Red HatのPaaS(Platform as a Service)サービス「OpenShift」にZendのPHPアプリケーションサーバ「Zend Server」を統合し、エンタープライズ市場への浸透を深めることが狙いだ。

 両社が提携を決断した要因として、急成長中のモバイルアプリケーション開発市場におけるチャンスの拡大と、フロントエンド開発言語としてのPHPの人気を挙げている。Red HatのOpenShiftはオープンソースのPaaSであり、Java、Ruby、PHP、Pythonなど、6つの言語をサポートする。

 「この提携により、開発者はOpenShiftプラットフォームでZend Serverの良いところをフルに活用できる。さらに開発者は、サーバの管理ではなく、コードとユーザーに集中できる。非常に強力な組み合わせだ」とRed HatのOpenShift製品マーケティング担当ディレクター、ジミー・ゲレロ氏は語る。

 ZendのCEOであるアンディ・ガトマンズ氏によると、両社には会合やカンファレンスで一緒になる機会が多く、オープンソース企業である両社の提携は有機的に実現に至ったという。

 「ZendとRed Hatは明らかによく似た市場でビジネスをしている。どちらもオープンソース企業であり、顧客ベースも多くの部分で重複している。エンタープライズ開発の推進という点でも、われわれは同じようなビジョンを持っている」とガトマンズ氏。

 同氏によると、今回の提携は中規模から大規模企業のメインストリームのビジネス開発者をターゲットにしたものだという。同氏の構想には、Zendの全ての開発ツールとランタイムの他、統合開発環境(IDE)のEclipse、OpenShiftが含まれている。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...