OpenShiftの牙城を崩す? ヴイエムウェアCEOが語る「VMware Tanzu」の強みとはVMwareラグラムCEOに聞く買収の真実【第4回】

VMwareは、市場で勢いを増すRed HatやNutanixなどの競合ベンダーについてどのように考えているのか。VMwareのCEO、ラグー・ラグラム氏に聞いた。

2022年10月11日 05時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

関連キーワード

VMware | CEO | サーバ仮想化 | ベンダー


 仮想化ベンダーVMware(ヴイエムウェア)のCEO、ラグー・ラグラム氏は、米TechTargetの取材に応じた。半導体ベンダーBroadcomによる買収後の事業戦略や、競合他社の動向を踏まえたVMwareの戦略に関するラグラム氏の発言を取り上げる。

ヴイエムウェアCEOが語る「Tanzu」の強み

―― コンテナオーケストレーター「Kubernetes」のディストリビューション(配布用パッケージ)として、VMwareの「VMware Tanzu」は、Red Hatによる「Red Hat OpenShift」と比べて、まだ普及度では見劣りするという見方があります。この点をどのように考えますか。

ラグラム氏 VMware Tanzuの強みは、Kubernetesクラスタ管理製品の「VMware Tanzu Mission Control」など、豊富な製品群を有していることだ。開発・実行環境の「VMware Tanzu Application Platform」は、開発者がソースコードを本番環境に投入する速度を上げ、DevSecOps(開発、運用、セキュリティの融合)を効果的に実現するのに役立つ。VMware Tanzu Application Platformは2022年に登場したばかりの新製品なので、ユーザー企業がまだ少ないのは確かだ。

―― Red Hatと、仮想化やHCI(ハイパーコンバージドインフラ)を手掛けるNutanixは、クラウド関連製品を提供するために継続的に協業しています。競合他社の動向がVMwareのユーザー企業に及ぼす影響を聞かせてください。

ラグラム氏 競争が激しい仮想化市場では、Nutanixのような競合会社の1社が何か大きな出来事を起こせば、それを見て「VMware製品のユーザー企業になるべきではなかった」と考えるユーザー企業が少なからず現れるのが常だ。現実にはユーザー企業はもっと長期的な選択をする。当社製品のユーザー企業は、当社の実績と当社製品の優位性を認めている。


 第5回は、アジア太平洋地域における、今後のVMwareの市場戦略をラグラム氏が語る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。