「ブロードコムはイノベーション軽視」は誤解だ――ヴイエムウェアCEOが断言VMwareラグラムCEOに聞く買収の真実【第2回】

BroadcomのVMware買収によって「特定の分野のVMware製品への投資が滞る」という見方がある。この見方について、VMware CEOのラグー・ラグラム氏が答える。

2022年09月26日 05時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

関連キーワード

VMware | CEO | サーバ仮想化 | ベンダー


 半導体ベンダーのBroadcom(ブロードコム)は仮想化ベンダーのVMware(ヴイエムウェア)を買収すると発表した。VMwareでCEOを務めるラグー・ラグラム氏が米TechTargetの取材に応じ、Broadcomの買収がVMwareの製品ラインアップに及ぼす変化について回答した。

―― 「Broadcomの過去の買収戦略には、イノベーションを重視する考え方が見られない」と考えるアナリストがいます。VMwareはBroadcomによる買収後も、収益性の高い事業だけではなく、ハイブリッドクラウドやコンテナ、セキュリティといった分野での挑戦的な取り組みを続けますか。

ラグラム氏「『ブロードコムは投資しない』は事実に反する」

ラグラム氏 「Broadcomがイノベーションに投資しない」という認識は、事実に裏付けられていないと私は考える。

 Avago Technologiesという小さな企業から始まったBroadcomは、半導体のイノベーションに多額の投資を続けており、世界中のスマートデバイス企業がさまざまな部品にBroadcom製品を利用している。Broadcomが最新技術への投資に後れを取っていたなら、そのようなことは実現していなかった。Broadcomの全ての事業を確認すると、多くのイノベーションが存在することが分かる。

 Broadcomが当社を買収する目的は、当社の製品ポートフォリオの獲得だけではない。Broadcomはインフラ管理ソフトウェアのリーダーを目指しており、インフラ構築と管理の分野で、豊富な製品ポートフォリオを持ちたいと考えている。

 今回の買収を通して、Broadcomはソフトウェア部門のブランドを「VMware」に変え、既存のソフトウェア資産の一部をVMwareブランドに取り込む。Broadcomは需要の大きい当社製品だけではなく、全てのユーザー企業に幅広い製品を提供できるようにする。当社のユーザー企業層が、同社が今まで買収してきたCA TechnologiesやSymantecの顧客層とは大きく異なることをBroadcomは理解している。


 第3回は、VMwareのクラウド関連製品の事業戦略をラグラム氏が語る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news195.png

ドコモのAIエンジンと実購買データで類似顧客を推計 データ・ワンが新広告ソリューションを提供開始
データ・ワンが保有する実店舗での購買データとdocomo Senseの技術を掛け合わせることで...

news083.jpg

マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォーム...

news034.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年7月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。