2020年10月09日 05時00分 公開
特集/連載

「VMware vSphere 6.0」サポート終了を乗り切る3つの選択肢「使うのをやめる」以外の方法は

VMwareは2020年3月に「VMware vSphere 6.0」のジェネラルサポートを終了した。vSphere 6.0をまだ使用している企業が取り得る選択肢は3つある。どれを選ぶべきなのか。

[Brian Kirsch,TechTarget]

 VMwareは2020年3月でサーバ仮想化ソフトウェア群「VMware vSphere 6.0」の通常サポート「ジェネラルサポート」を終了した。vSphere 6.0のジェネラルサポート終了後は、製品の仕様をやめる以外に以下の3つの選択肢がある。

  1. サポート対象バージョンのvSphereにアップグレードする
  2. vSphere 6.0の延長サポートを利用する
  3. サポートがない状態で使い続ける

 これらの3つの選択肢について、一つずつメリットとデメリットを説明する。

選択肢1.サポート対象バージョンのvSphereにアップグレードする

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...

news147.jpg

「Salesforce Customer 360」を強化するMuleSoftの役割とは?
MuleSoftが日本市場での事業拡大ため、組織体制の強化、Salesforceとのシナジー最大化、...