2020年09月10日 05時00分 公開
特集/連載

「Azure VMware Solution」「VMware Cloud on AWS」のどちらを選ぶべきか?「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【後編】

VMware製品をクラウドサービスで利用できる「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」。オンプレミスのインフラからクラウドサービスへアプリケーションを移行させるときは、どちらを選べばよいのか。

[Brian Kirsch,TechTarget]

 Microsoftは、同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」でVMwareの仮想化製品を利用するためのサービス「Azure VMware Solution」を提供している。MicrosoftとVMwareは昔、ハイパーバイザーで競合関係にあった。時がたってハイパーバイザーは普及し、仮想化市場で利益を生み出す製品はハイパーバイザーそのものではなく、その周辺の仮想化製品へと切り替わった。両社の提携にはこうした背景がある。

 Amazon Web Services(AWS)は、ユーザー企業がオンプレミスのVMware製品で稼働させている仮想マシンをAWSの同名クラウドサービス群で動かすためのサービス「VMware Cloud on AWS」を提供している。Azure VMware SolutionとVMware Cloud on AWSは一見同じようなサービスに見えるが、企業の目的や稼働させるアプリケーションの種類によっては、どちらか一方のサービスがより適している場合がある。

「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を選ぶ“決め手”は

 オンプレミスのインフラで稼働するアプリケーションをクラウドサービスに移行したいと考えても、テストや移行にかかる時間とコストが課題となる。Microsoftの技術に大きく依存しているアプリケーションの場合、Azureに移行させる方が、AWSに移行させるよりもコードを変更する作業が少なくなる可能性がある。

 常にそうとは限らないものの、単一ベンダーのエコシステムの中にとどまる方が、移行作業は容易な傾向がある。保守管理の面でも、複数ベンダーのサポートに頼るよりは、単一ベンダーのサポートを利用する方が複雑にならない。

 Azure VMware Solutionにするか、VMware Cloud on AWSにするかを判断するには、自社がどこのベンダーの製品やサービスを利用しているかを整理することが必要だ。もし自社が利用しているソフトウェアの大半がMicrosoft製品であれば、Azure VMware Solutionを検討する必要がある。

 いずれにしても移行後のインフラを管理するためには、引き続きVMware製品を使う必要がある。この点においては、Azure VMware SolutionとVMware Cloud on AWSに大差はない。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...