2020年09月10日 05時00分 公開
特集/連載

「Azure VMware Solution」「VMware Cloud on AWS」のどちらを選ぶべきか?「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【後編】

VMware製品をクラウドサービスで利用できる「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」。オンプレミスのインフラからクラウドサービスへアプリケーションを移行させるときは、どちらを選べばよいのか。

[Brian Kirsch,TechTarget]

 Microsoftは、同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」でVMwareの仮想化製品を利用するためのサービス「Azure VMware Solution」を提供している。MicrosoftとVMwareは昔、ハイパーバイザーで競合関係にあった。時がたってハイパーバイザーは普及し、仮想化市場で利益を生み出す製品はハイパーバイザーそのものではなく、その周辺の仮想化製品へと切り替わった。両社の提携にはこうした背景がある。

 Amazon Web Services(AWS)は、ユーザー企業がオンプレミスのVMware製品で稼働させている仮想マシンをAWSの同名クラウドサービス群で動かすためのサービス「VMware Cloud on AWS」を提供している。Azure VMware SolutionとVMware Cloud on AWSは一見同じようなサービスに見えるが、企業の目的や稼働させるアプリケーションの種類によっては、どちらか一方のサービスがより適している場合がある。

「Azure VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を選ぶ“決め手”は

 オンプレミスのインフラで稼働するアプリケーションをクラウドサービスに移行したいと考えても、テストや移行にかかる時間とコストが課題となる。Microsoftの技術に大きく依存しているアプリケーションの場合、Azureに移行させる方が、AWSに移行させるよりもコードを変更する作業が少なくなる可能性がある。

 常にそうとは限らないものの、単一ベンダーのエコシステムの中にとどまる方が、移行作業は容易な傾向がある。保守管理の面でも、複数ベンダーのサポートに頼るよりは、単一ベンダーのサポートを利用する方が複雑にならない。

 Azure VMware Solutionにするか、VMware Cloud on AWSにするかを判断するには、自社がどこのベンダーの製品やサービスを利用しているかを整理することが必要だ。もし自社が利用しているソフトウェアの大半がMicrosoft製品であれば、Azure VMware Solutionを検討する必要がある。

 いずれにしても移行後のインフラを管理するためには、引き続きVMware製品を使う必要がある。この点においては、Azure VMware SolutionとVMware Cloud on AWSに大差はない。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...