2020年09月09日 05時00分 公開
特集/連載

「AIOps」ツールを使ってみたくなる5つの用途「AIOps」とは何か【第2回】

AI技術を運用管理に使用する「AIOps」ツールは、システム運用のさまざまな業務に活用することが可能だ。どのような使い方ができるのか。主要な用途を紹介する。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | 機械学習 | 運用管理


 「AIOps」ツールは、組織内外の各種ITデバイスから収集するビッグデータを基に、機械学習などのAI(人工知能)技術を利用してITシステム運用の自動化を図る。システム運用の問題検出とリアルタイムの修正、分析に基づくエラー予測などが、AIOpsツールの主な機能だ。システムの監視・運用を全面的に担う「ITOps」の幅広い業務に役立ち、パフォーマンス監視と可用性の向上、イベントの相関分析、ITサービスの自動化など、さまざまな使い方ができる。

 AIOpsツールはさまざまなデータを収集する。例えばログファイル、アラート、パフォーマンス指標、ダッシュボード、データベースなどのデータだ。これらのデータの相関関係を分析し、パターンやアノマリ(基準値から逸脱した異常な状態)を検出したり、予測分析に使用したりすることで、正常なシステム稼働状態の維持を支援する。

「AIOps」が役立つ5つの用途

 システム運用の問題を素早く発見して修正するとともに、分析に基づくインサイト(洞察)によって問題の発生を未然に防ぐのが、AIOpsツールのメリットだ。例えば下記のような用途に役立つ。

  1. 適切なキャパシティープランニング
    • システムに求められるリソースを見積もり、最適なシステム構成の設計を支援する。
  2. 「クラウドスプロール」の防止
    • クラウドスプロールは、必要以上にリソースを使用する「オーバープロビジョニング」がクラウドサービスで発生することを指す。
  3. サービスレベル低下の防止
  4. 最適なキャパシティー管理
    • リソースとコストのバランスを維持する。
  5. 遅延などパフォーマンスに関する問題の修正

 さまざまなシステム運用の指標をAIOpsツールで改善できる。例えばネットワークインフラの稼働状態、トラフィックフロー、輻輳(ふくそう:回線の混雑)の発生状態、潜在的なセキュリティ問題といった項目も対象になる。

 AIOpsツールは、機械学習によって継続的にシステム運用を改善する。高度な機能を搭載したAIOpsツールであれば、ネットワークの自己修復やルーティングの調整、サーバのスケールアップ/スケールダウン、変更管理の自動化なども可能だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news063.jpg

iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する...

news047.jpg

読書「好き」59.7% 新聞「読まない」67.3%――日本財団が「読む・書く」をテーマに18歳意識調査
日本財団は「読む・書く」をテーマに30回目の18歳意識調査を実施しました。