2019年08月27日 05時00分 公開
特集/連載

AIOpsのメリットを引き出すには【後編】AIOpsを成功に導く鍵は「人がAIを信頼すること」

「AIOps」によって効率の向上を実現するには、技術的課題と組織的課題の両方を克服する必要がある。具体的に何をすればよいのか。

[Kristin Knapp,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | 開発プロセス | 機械学習 | 運用管理


画像

 機械学習などの人工知能(AI)技術やビッグデータを使用してIT運用の効率を上げる「AIOps」。前編「人事アウトソーシング企業は『AIOps』でITリソース奪い合いをどうなくしたか」、中編「事例で探る 『AIOps』はなぜ多過ぎるアラートを減らせるのか?」に続く本稿は、企業がAIOpsの取り組みを進める上で直面するさまざまな困難と、その理由について考察する。

AIOpsが簡単ではない理由

 通常、AIOpsによって効率の向上を実現するには、技術的課題と組織的課題の両方を克服しなければならない。AIOpsによってITプロセスを自動化するには、インシデント対応のワークフローを統一しなければならない。それにより、AIOpsツールはパターンを特定し、よくある問題への適切な対処方法を学習できるようになる。

 AIOps戦略は自動化とともにデータが中心になる。導入プロジェクトを軌道に乗せるには、その前に効率的なデータ収集とデータ管理が不可欠だ。AIOpsツールに供給されるデータは、その提供元がログファイルであれ、ヘルプデスクチケットであれ、クリーンかつ分類された完全なものでなければならない。

 IT部門のメンバーの中には、AIOpsツールが人間に代わって複雑なプロセスに対処することに懐疑的な者もいる。それは「Chef」や「Puppet」といった構成管理ツールによる自動化に慣れているIT管理者でも変わらない。その理由について、調査会社451 Researchのカール・ブルックス氏は「AIOpsはIT導入担当者の管理下にあるものだからだ」と説明する。「本来、ほとんどのIT運用担当者は保守的。そのためAIOpsのようなものに対しても、驚くほど懐疑的だ」(ブルックス氏)

 AIOpsに対する信頼を築くには、時間がかかるのは間違いない。その点はネットワークセキュリティ企業Barracuda Networksのリア・ガビッシュ氏も同意する。ガビッシュ氏はBarracudaでメール保護サービスに関するエンジニアリング部門の統括責任者を務める人物だ。

AIOpsへの信頼の醸成が不可欠

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...