2019年08月14日 05時00分 公開
特集/連載

AIOpsのメリットを引き出すには【前編】人事アウトソーシング企業は「AIOps」でITリソース奪い合いをどうなくしたか

日々のIT運用を最適化する大きな可能性を秘めているという「AIOps」。人事・給与アウトソーシング企業のPaychexは、AIOpsでどのような成果を得たのか。

[Kristin Knapp,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | 開発プロセス | 機械学習 | 運用管理


画像

 一見すると「AIOps」はITの流行語のように見える。だがIT運用に人工知能(AI)技術を活用する企業にとっては、AIOpsのメリットと課題は非常に現実的だ。

 AIOpsとは、機械学習などのAI技術やビッグデータを使用し、インシデントに対処したり根本原因を解析したりして、IT運用の一般的な仕事の効率を上げることだ。まだAIOpsは誕生して間もない。だが企業はAIOpsに関心を向けている。

 調査会社451 Researchのカール・ブルックス氏は「AIOpsは、運用の管理と導入の効率をさらに高めることができる唯一の方法だ」と語る。AIOpsのことを「DevOps(開発と運用の融合)をはじめとする自動化に大きな重点を置いたIT手法を導入した後の、理にかなった次の一手」だと感じている企業もある。

 「当社にとって、AIOpsはアジャイル、DevOps、継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CD/CI)に転換する延長線のようなものだ。これら全ての要素を通じて自動化されたインフラを用意できるようになり、AIOpsが可能になる」。人事・給与のアウトソーシングサービスを手掛けるPaychexで、インフラおよびアーキテクチャ部門のシニアディレクターを務めるデビッド・ウィルソン氏はこう述べる。

AIOpsが必要十分なプロビジョニングを実現

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...