2018年11月12日 05時00分 公開
特集/連載

VMware、Citrixが採用するAI技術 VDI管理は“AIOps”でどこまで変わる?分析やセキュリティ対策に貢献

AI技術を用いたツールを使えば、IT担当者はVDIの管理を効率化できる。こうしたVDI管理ツールには、リソース要件を正確に見積もる機能や、問題の根本原因を分析する機能が備わっている。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 IT運用にAI(人工知能)技術や機械学習を活用する動きが広がる中で、これらの技術がVDI(仮想デスクトップインフラ)にも導入され始めているのは当然のことだ。

 AI(人工知能)技術や機械学習により、IT担当者はセキュリティ対策やリソースの有効利用、キャパシティープランニング、ストレージ管理など、VDIに関連するさまざまな運用を改善できる。大規模あるいは複雑な環境ではなおのことそうだ。企業がVDIの管理にAI技術を用いることが定着するまでには、まだ時間がかかるだろう。とはいえVDIベンダーは、AI技術や機械学習の機能をソフトウェアに取り入れ、企業が運用できるようにしている。

 AI技術および機械学習の活用が本格化することで、VDIの管理は近い将来大きな変革を遂げる可能性がある。

AI技術でIT運用を変えるAIOps

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...