スキルギャップの正体【後編】
どんな企業も欲しがる「理想のネットワークエンジニア」はこれだ
企業がネットワークエンジニアを採用する時は、どのようなスキルを有する人材を求めているのか。特に需要の高いスキルを解説する。(2024/7/15)

ビジネス再生の成否を分けるもの
消滅寸前だった「ゾンビブランド」10選 なぜ復活できたのか?
業績が低迷し、世間から忘れ去られる寸前の「ゾンビブランド」は、崖っぷちの状態からどのように復活しているのか。ゾンビブランド10社が復活した方法とその理由を考察する。(2024/7/15)

RPAとBPMによる業務改善の現実【後編】
「RPAは無意味だった」という“残念な結果”になる理由
「RPA」は業務効率を改善するために活用できる手法だが、必ずしもRPAによる効率化が成功するとは限らない。RPAの取り組みが無意味になってしまうのはなぜなのか。(2024/7/15)

サーバレスコンピューティングの基礎解説【第4回】
AWS、Microsoft、Google「3大サーバレス」の違いとは?
企業はサーバレスコンピューティングサービスを選ぶ際、どのようなポイントに注意すべきなのか。AWSやMicrosoft、Googleなど主要ベンダーが提供するサービスの特徴と併せて、失敗しない選び方を解説する。(2024/7/15)

HDD進化の限界はどこにあるのか?【中編】
「HDD」は結局、“5年後”にどうなる? あの老舗ベンダーに聞く
HDDの容量は、今後5年程度でどこまで増えるのか。HDDの容量増大を促すと見込まれる技術とは何かを踏まえて、今後の見通しをHDDベンダーに聞いた。(2024/7/14)

AMD、NVIDIA、Intelの攻防【前編】
AIプロセッサ“覇権争い”を激化させる「NPU」とは何なのか?
半導体ベンダー各社が相次いでAI技術の利用を想定したプロセッサ新製品を発表している。AI PC向けとしては、各社はNPUの重要性を強調している。NPUはどのような役割を持っているのか。(2024/7/14)

SSDの大容量化は良いことばかりではない【後編】
TLCやQLCではなく「第1世代SSD」こそが“最強”だった理由
SSDの用途が広がってきた背景にあるのは、SSDの容量を増やす技術の進化だ。だが、SSDの大容量に伴うデメリットを避けるために、「第1世代のSSD」を選ぶこともある。(2024/7/13)

「有給休暇が無制限」はありか、なしか?【前編】
究極の働き方「休み放題」で“社員も会社も幸せになる”のはなぜ?
有給休暇を無制限にする制度を取り入れる動きがある。この制度の導入に歓喜する従業員はいるはずだ。企業側にはどのようなメリットがあるのか。なぜこの制度が従業員と企業に受け入れられるのか。(2024/7/12)

STEM分野における女性活躍の現状【第3回】
COBOL誕生に“あの通信技術”まで? 女性エンジニアがつくったITの歴史
企業のシステムを支えるCOBOLや通信技術が誕生した背景には、女性エンジニアたちの活躍があった。ITの常識として知っておきたい女性エンジニアを紹介する。(2024/7/12)

AppleはAIで遅れていた?【前編】
「SiriのChatGPT連携」がAppleユーザーに落とす“暗い影”
AppleはmacOSやiOSに関する大きな変更を幾つか発表した。その一つが、音声アシスタント「Siri」と「ChatGPT」の連携だ。これはApple製品の進化ではあるが、単純に良いことばかりではない事情もある。(2024/7/11)

AI需要で変わるプロセッサ市場【後編】
Intel、AMD、NVIDIAだけではない「混戦のプロセッサ市場」の行方
プロセッサ市場では、サーバ向けでもクライアントPC向けでも単に処理性能を上げるだけではない多様な進化が見られる。IntelやAMD、NVIDIAをはじめとしたベンダーからどのような新製品ができているのか。(2024/7/10)

生成AIユーザーが無視できないデータ汚染
生成AIを狂わせる「データポイズニング」の意外なほど簡単な手口とは
生成AIツールの普及とともに、「生成AIツールを狙った攻撃」も広がりつつある。その一つがデータポイズニング攻撃だ。どのような手口なのか。(2024/7/10)

エンジニア向けのクラウド認定資格【前編】
クラウドエンジニアが「資格取得」でスキルアップできる“賢い学習方法”とは
認定資格を取得したり講座を受講したりすることは、エンジニアが知識習得やキャリア形成を図るための一助となる。エンジニアが資格取得をする際の学習方法の選び方を紹介する。(2024/7/10)

サーバ統合を進める2つの方法【後編】
「サーバ仮想化」を成功させる4つのポイントとは?
サーバ仮想化はサーバ統合の方法の一つだ。サーバ仮想化とアプリケーションの移行を成功させるには、どのように計画を立てればよいのか。(2024/7/10)

ハイスペックな「AI PC」の真価とは【前編】
「AI PC」が「普通のWindows端末」より生産的ではない“皮肉な理由”
AI関連のタスクをデバイス内で実行する「AI PC」に関するさまざまな発表が続いている。エンドユーザーや企業のIT担当者は、AI PCの価値をどう受け止めるべきか。(2024/7/9)

STEM分野における女性活躍の現状【第2回】
女性エンジニアが「IT業界では働きたくない」と感じる理由
IT業界で活躍する女性は増えているが、それでも女性はさまざまな「働きづらさ」を感じる傾向にある。人間関係や待遇などの観点を踏まえて、働きづらさの原因を探る。(2024/7/9)

ホワイトボックスネットワークの始め方【後編】
「ホワイトボックススイッチ」によるネットワーク刷新のメリットとは?
「ホワイトボックススイッチネットワーク」は、特定ベンダーの製品に依存しないノーブランドのネットワーク機器だ。これを使うメリットや、ネットワーク構成の刷新方法とは。(2024/7/9)

専門家お墨付き「セキュリティ資格10選」【後編】
有能なセキュリティエンジニアとしてキャリアアップできる「認定資格」はこれだ
セキュリティ分野における人材のニーズは依然として旺盛だ。セキュリティのプロフェッショナルとしての道を開くためには、どの認定資格が役立つのか。(2024/7/8)

HDD進化の限界はどこにあるのか?【前編】
「HDDオワコン論」対「200TB超え可能説」 HDDベンダーに聞いた
HDDの容量はどこまで増えるのか。100TBや200TB、PBといった規模になるのはいつなのか。それとも「50TB」程度に限界があり、他のストレージ技術が取って代わるのか。(2024/7/7)

HDDは“技術的限界”を突破できるか【後編】
“普通のHDD”とは部品から違う「高速化HDD」はどれだけ速いのか
データ保存量の増加や、読み書き速度の向上といったニーズに応えるために、「磁気ヘッド」の制御に改善を凝らしたHDDがある。これによってデータ読み書きなどの性能はどれだけ向上するのか。実際の製品を参考に見てみよう。(2024/7/7)

MicrosoftのCopilot+ PCでまた新たな動き
WindowsでもIntelではなく「Arm」が主役? PCに何が起きるのか
かつてPCに搭載されるプロセッサと言えばIntelが主流だったが、いまやそれは常識ではない。Microsoftによる新発表によって、プロセッサの勢力図が変わりつつあることが鮮明になった。(2024/7/6)

CIプロセスを22分から5分に短縮
数百の開発チームでDevOpsを実現 航空会社があの「CI/CDツール」を選んだ理由
新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けたユナイテッド航空は、旅行需要の変動に柔軟に対処できるよう開発体制を見直した。同社が新しく導入したCI/CDツールとは。(2024/7/5)

GPT-4とは何か?
「GPT-4」や「GPT-4o」とGPT-3の違いとは “OpenAI製LLMの進化”を解説
OpenAIの大規模言語モデル(LLM)「GPT-4」は、「GPT-3」などの同社製LLMとは何が違うのか。GPT-4の主な機能や利用方法を説明する。(2024/7/4)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「HDD不要論」をひっくり返す“HDDまさかの進化”とは
「SSD」の技術進化に伴い、「HDD」は市場から消えるとの見方が広がっているが、新技術搭載のHDDがその状況を変える可能性がある。HDDに起きた進化と、ストレージ市場における競争の行方とは。(2024/7/4)

Geminiシリーズ新モデルを徹底解剖【前編】
「Gemini 1.5 Pro」の“8大進化”とは Googleの新LLMは何がすごい?
GoogleのLLM「Gemini 1.5 Pro」は、「Gemini 1.0」から何が進化したのか。新しい機能や特徴について、8つの視点で何が変わったのかを解説する。(2024/7/4)

疲弊するセキュリティ担当者
セキュリティ現場で「クラウドが嫌われる」のはなぜか?
組織が利用するクラウドサービスが増加するほど、セキュリティチームの負担は増している。クラウドサービスの利用がセキュリティの運用負荷増大につながるのはなぜなのか。(2024/7/4)

ランサムウェア攻撃対処「6大ポイント」
ランサムウェア事故が「もはや収拾不能」に……何が足りなかったのか?
ランサムウェア被害の例が後を絶たない。ランサムウェア攻撃を防ぐことはもちろん、攻撃された後の対処も極めて重要だ。被害を最小限に抑えるために取るべき行動とは。(2024/7/4)

「SSPM」「CSPM」を比較【後編】
クラウドセキュリティに「SSPM」を使うのが“大正解”とは言えない理由
クラウドセキュリティの鍵を握るのは、適切なツールを正しいタイミングで導入することだ。「SSPM」と「CSPM」の場合はどうなのか。必要なツールを見極めるためのポイントを説明する。(2024/7/4)

AI需要で変わるプロセッサ市場【前編】
Intelは混戦の「サーバ向けプロセッサ」市場でどんな進化を提案できるのか?
プロセッサベンダー各社が提案するサーバ向けプロセッサは、多様な方向性で進化している。Intelが新たに提供する「Xeon 6」にはどのような特徴があるのか。競合ベンダーの状況も踏まえて見てみよう。(2024/7/3)

機能、セキュリティ、価格などを比較
「SharePoint」と「Box」は何が違う? “6つのポイント”で比較
「Microsoft SharePoint」と「Box」は、いずれもドキュメント管理機能とコラボレーション機能を搭載する。自社で利用する場合はどちらを選ぶとよいのか。それぞれの違いと使い分ける際のポイントを解説する。(2024/7/3)

SASEの最初の一歩は何か【後編】
「SD-WAN」が意外にも「5G」の採用を加速させたのはなぜか
テレワークが広がり、企業は従業員がどこにいても快適に利用できるネットワークを必要とするようになった。そうした中、「SD-WAN」から「5G」へと採用が加速したのはなぜなのか。(2024/7/3)

ストレージ市場に起きた想定外【後編】
SSDもHDDもなぜ「急に売れなくなった」のか?
ストレージ市場では、HDDベンダーだけではなくSSDベンダーの売上高も2022年から2023年にかけて急落するという深刻な状況に陥り、さまざまな“異例の事態”が巻き起こった。HDD、SSD市場に何が起きているのか。(2024/7/2)

ホワイトボックスネットワークの始め方【前編】
いまさら聞けない「ホワイトボックススイッチ」の基礎知識
ネットワーク管理のコスト削減と作業の簡素化には、「ホワイトボックスネットワーク」が役立つ可能性がある。ホワイトボックスネットワークとはどのようなものなのか。その基本を解説する。(2024/7/2)

無線LAN規格「Wi-Fi 6E」は“外”へ【後編】
「Wi-Fi 6E」はスポーツ観戦をどう変える? 野球スタジアムや陸上競技場で導入
Wi-Fi 6の拡張版であるWi-Fi 6Eによって、スポーツ観戦で無線LANの新たなユースケースが生まれている。どのように活用しているのか。(2024/7/2)

GPU利用時のCompute Express Link(CXL)の役割
なぜ次世代技術「CXL」がデータセンターの進化のために必要なのか
データセンターにおけるAIアプリケーションの利用が広がるのと同時に、活用が進む可能性があるのが「Compute Express Link」(CXL)だ。AI技術やGPUの利用とCXLがどのような関係にあるのかを押さえておこう。(2024/7/1)

専門家お墨付き「セキュリティ資格10選」【中編】
将来有望なセキュリティエンジニアになれる「認定資格」はこれだ
セキュリティ分野で管理職や経営幹部になるために欠かせないのは、プロフェッショナルの証しになる認定資格だ。どのような認定資格を取得すれば、CIOやCISOまでのキャリアを歩めるのか。(2024/7/1)

SSDの大容量化は良いことばかりではない【前編】
TLCやQLCより「第1世代のSSD」が依然として好まれる理由
SSDの容量は「TLC」や「QLC」などの技術によって大きく増えることになった。そうした大容量化の技術が台頭する以前の、いわば「第1世代のSSD」の良さを復活させるSSDの使い方がある。昔のSSDがなぜ好まれるのか。(2024/6/30)

うそにだまされる人を減らすのは可能なのか
OpenAIの「ディープフェイク対策ツール」に過度な期待はできない訳
OpenAIは生成AIを利用したディープフェイク対策ツールの開発をはじめとしたディープフェイク対策に取り組んでいる。選挙での悪用を含めて、ディープフェイクの悪用リスク軽減はできるのか。(2024/6/29)

小規模言語モデル(SLM)が台頭【後編】
生成AIにLLMではなく、むしろ小規模な「SLM」を使うと何がうれしいのか?
高性能のLLMが次々と登場したことで、生成AIブームは加速した。ただし、中には生成AIを使う場合にLLM以外も選択肢として検討する企業がある。なぜなのか。(2024/6/29)

ストレージ市場に起きた想定外【中編】
「HDDが売れない」「工場は閉鎖」 HDD業界で何が起きているのか
ストレージの需要低迷が2022年ごろから顕著になり、HDDベンダーを直撃した。ベンダー各社の業績が悪化しただけではなく、さまざまな異変が見られる。HDD業界で何が起きているのか。(2024/6/28)

データ分析ニュースフラッシュ
JR西日本の「AIアプリ内製化」を支えた“ローコード開発ツール”とは?
企業は「生成AI」を人材不足解消にどう役立てているのか。JR西日本のAIアプリケーション内製開発や、北海道文化放送の「Amazon Bedrock」活用、静岡銀行のAIチャットbot導入などの事例を紹介する。(2024/6/28)

生成AIベンダーOpenAIの正体
OpenAIとは何者なのか? ChatGPT開発企業のサービスと歴史を解説
「ChatGPT」や「Dall-E」などのAIサービスやAIモデルの開発を手掛けるOpenAIとはどのような企業なのか。同社の歴史や事業内容、抱えている課題を詳しく説明する。(2024/6/27)

オンプレミスインフラを刷新
生徒1万7000人の教育機関が「クラウド」ではなく「HPE GreenLake」を選んだ理由
ITインフラ刷新に当たって「HPE GreenLake」を採用した米国の教育機関。クラウドサービスではなく、なぜ“オンプレミスインフラのマネージドサービス化”を選んだのか。その理由と、導入後に得られたメリットとは。(2024/6/27)

代表的なLLM19選を徹底解説【後編】
GPT、Geminiだけじゃない 押さえておきたい「主要LLM」8選はこれだ
AI技術の急速な進化を支えているのは、各ベンダーが開発する多種多様なLLMだ。どのようなLLMがあるのか。主要LLMを8個取り上げ、それぞれの特徴や強みを紹介する。(2024/6/27)

「GPT-4o」を徹底解剖【前編】
OpenAIの進化モデル「GPT-4o」は何がすごい? GPT-4やTurboとの違いは
2024年5月、OpenAIはLLM「GPT-4o」を発表した。同LLMをさらに“人間に近づけた”機能とは。具体的な特徴や、活用方法をまとめて解説する。(2024/6/26)

ストレージ市場に起きた想定外【前編】
SSD、HDDが売れなくなった「語られざる理由」
SSDやHDDを手掛けるストレージベンダー各社の売上高は、2022年から2023年にかけて急落した。AI技術の台頭でストレージの需要は大幅に改善するとの見方があったが、それは読み違えだった。どういうことなのか。(2024/6/25)

VMware事業方針の変更がどう影響したのか
なぜAWSによる「VMware Cloud on AWS」の販売が終了に? Broadcomの狙いは
Broadcomが、「VMware Cloud on AWS」のAWSを経由する販売を終了した。この動きは、Broadcomの買収に伴うVMware事業の方針の変更が関係している。同社の狙いと、AWSやユーザー企業の反応を説明する。(2024/6/25)

無線LAN規格「Wi-Fi 6E」は“外”へ【前編】
「Wi-Fi 6E」が屋外で劇的に使いやすくなった納得の理由
Wi-Fi 6の拡張版である「Wi-Fi 6E」は新たに6GHz帯を利用することで、より広帯域の無線LANを実現する。Wi-Fi 6Eは今後、屋外でも利用が広がりそうだ。(2024/6/25)

クラウドセキュリティ構築のこつ【後編】
クラウドサービスを守るどころか危険にする「駄目なセキュリティ」とは?
クラウドサービス移行に伴い、ユーザー組織はセキュリティ対策の非効率や高コストといった問題に直面しがちだ。鍵はシンプルに考えることだ。どのような対策が必要なのか。(2024/6/25)

IoTを狙う攻撃に要注意
量子コンピューティングは敵か味方か? 「IoTデバイス」を狙う脅威の実態
さまざまな組織で利用が広がっているIoTデバイスを攻撃から守るために、IoTデバイスがどのような脅威にさらされているかを知ることが重要だ。量子コンピューティングによる影響とは。(2024/6/25)