2022年09月23日 08時15分 公開
特集/連載

「もっと多くの女子にコンピュータを学んでほしい」と専門家が力説する理由GCSE受験者数に見る英国STEM教育の実態【中編】

英国の卒業認定試験GCSEで選択受験科目になっている「コンピュータサイエンス」。その女子受験者がもっと増えることが望ましいと主張する専門家がいる。その意図とは。

[Caroline DonnellyTechTarget]

関連キーワード

教育 | 教育IT


 英国には義務教育後の卒業認定試験「GCSE」(General Certificate of Secondary Education)という制度があり、選択受験科目の一つに「コンピュータサイエンス」がある。GCSEの受験者のうち、コンピュータサイエンスを選択するのは男子受験者が中心ではあるものの、女子受験者の間でもコンピュータサイエンスを選択する動きがある。

「もっと女子にコンピュータを学んでほしい」と専門家が語る訳

 2022年のGCSEでは、選択受験科目にコンピュータサイエンスを選択した女子受験者数は1万7264人と、前年の1万6549人から増加した。そのうちコンピュータサイエンスで7以上の評価(GCSEでは最も良い評価が9、最も悪い評価が1)を獲得したのは40.6%に上った。

 業界・学術団体のBCS, The Chartered Institute for IT(英国コンピュータ協会、以下BCS)で教育ディレクターを務めるジュリア・アダムソン氏は、GCSEでコンピュータサイエンスを受験する女子生徒が増えたことを評価する。「これだけの人数の女子がコンピュータサイエンスの修了資格試験を受け、優秀な成績を収めていることは素晴らしいニュースだ」とアダムソン氏は語る。だが「満足してはならない」とも同氏は語る。「もっと多くの女子が、このエキサイティングで創造的な科目を学ぶ必要がある」(同氏)

 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の中でわれわれが学んだのは、デジタルスキルが全ての人にとって極めて重要だということだ」とアダムソン氏は語る。デジタルスキルは社会で活躍するためのツールであり、キャリアを切り開くのに役立ち、長い目で見れば英国経済の改善に貢献する、と同氏は考えている。

 性別によらず、多くの学習者がGCSEでコンピュータサイエンスを受験し、その過程で学んだ知識をその後も長く発揮し続ける――。アダムソン氏は、その実現を期待している。


 後編はSTEM教育を強化する重要性と、学習者にSTEM分野に関心を持ってもらう方法を専門家が語る。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...