ヴイエムウェアはCAやシマンテックの二の舞? ブロードコム買収と破壊の歴史Broadcomによる買収がVMwareに及ぼす影響【第2回】

VMwareの買収を発表したBroadcomは、過去にCA TechnologiesやSymantecなどのベンダーを買収し、買収先の一部の事業を売却している。Broadcomが買収先の企業で実施した事業転換を振り返る。

2022年07月21日 08時15分 公開
[Ed ScannellTechTarget]

 半導体ベンダーBroadcom(ブロードコム)は2023年に、仮想化ベンダーVMware(ヴイエムウェア)の買収を完了させる計画だ。VMwareの従業員やユーザー企業の一部は、この買収がVMwareの製品やサービスに及ぼす影響を懸念している。この懸念の背景には、Broadcomが過去に買収したベンダーで進めた“ある行為”がある。

Broadcomの事業買収と売却の歴史

 Broadcomは2018年11月に、ITインフラ管理ソフトウェアベンダーのCA Technologies(CA)を買収した。買収完了のわずか数日後に、引き継いだCAの従業員の300人をレイオフ(一時解雇)。さらにCAの全従業員4800人のうち2000人をレイオフする計画を発表した。

 CA買収の数カ月後には、アプリケーションのセキュリティテストを実行するCAのSaaS(Software as a Service)「Veracode」事業を売却した。一方で収益性の高いCAのメインフレームソフトウェア事業は、他の事業と比較して大きな変更を加えることなく残した。新設したメインフレーム部門とエンタープライズソフトウェア部門の運営は、Broadcomに残ったCAの上層部が担当した。

 Broadcomは2019年11月に、セキュリティソフトウェアベンダーSymantec(シマンテック)のエンタープライズソフトウェア事業を買収した。その際もBroadcomは、買収完了後半年もたたない2020年4月に、Symantecのサイバーセキュリティサービス事業をコンサルティング会社Accentureに売却。一方で収益性が高いSymantecのセキュリティソフトウェア製品事業は維持している。2020年5月にはSymantecのエンタープライズコンサルティングチームをシステムインテグレーターHCL Technologiesに売却した。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...