Appleが“危険なiOSとmacOS”の更新を促す事態にゼロデイ脆弱性がApple製品に迫る【前編】

Appleは、「Mac」「iPhone」やWebブラウザ「Safari」に影響を及ぼす脆弱性のパッチを公開した。この脆弱性により引き起こされる事態と、対策方法について紹介する。

2022年10月10日 05時00分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

関連キーワード

脆弱性対策 | Apple | iOS | Mac | 脆弱性


 Appleは2022年8月、同社製のデバイスやブラウザに影響を及ぼす可能性のある、2つのゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性を公開した。ゼロデイ脆弱性は、ベンダーが欠陥を解消する前に攻撃に悪用される脆弱性だ。同社が公開した脆弱性は、「iOS」「iPadOS」「macOS Monterey」といったOSや、Webブラウザ「Safari」が影響を受ける可能性がある。

Appleが公開した脆弱性 攻撃者はどう悪用するのか?

 2つの脆弱性には、「CVE-2022-32893」「CVE-2022-32894」という識別番号が付いている。どちらも境界外書き込み(メモリ領域外への書き出し)に起因する欠陥であり、Safariが使用するレンダリングエンジン群「WebKit」と、OSのカーネルに影響を及ぼす。どちらの脆弱性についても既に悪用された可能性が報告されており、Appleはパッチ(修正プログラム)を至急適用する必要があると述べている。

 サイバー攻撃者はCVE-2022-32893をどのように悪用するのか。まず、攻撃者はWebサイトを作成する。標的となるユーザーがそのWebサイトを訪問した際に、攻撃者はCVE-2022-32893を悪用して任意の悪質なコードを実行する。その結果、攻撃者はユーザーのデバイスを完全に制御できる可能性がある。

 もう一つの脆弱性CVE-2022-32894については次の通り。攻撃者はこれを悪用し、マルウェアを利用してカーネルモード(制限なくコンピュータの機能を利用できるモード)で任意の悪質なコードを実行する。この場合も攻撃者がユーザーのデバイスを制御できる可能性がある。カーネルの脆弱性は危険なセキュリティ問題の一つだ。そのためApple製品を利用する組織は、パッチの適用を優先的に実施すべきだ。

 Appleのデバイスは自動アップデートが可能なため、既にデバイスにパッチが適用されている可能性がある。ユーザーは、以下のような経路でアップデートの状況を確認したり、パッチをダウンロードしたりすることが可能だ。

  • Macの場合
    • Appleメニューから「このMacについて」「ソフトウェア・アップデート」と進む。
  • iPhoneまたはiPadの場合
    • 設定から「一般」「ソフトウェア・アップデート」と進む。

 今回Appleがリリースしたパッチを含むOSのバージョンは以下の通り。

  • macOS Monterey:バージョン12.5.1
  • iOSおよびiPadOS:バージョン15.6.1
  • 「macOS Big Sur」「macOS Catalina」向けのSafari:バージョン15.6.1

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。