2022年06月10日 10時15分 公開
特集/連載

iPhoneで“野良アプリ”を使ってはいけない理由と、それでも使うときの判断基準iOS「サイドロード」の実態と危険性【第3回】

iOSデバイスにApp Storeにないアプリケーションをインストールすることは、メリットがある半面リスクも伴う。どのような危険性があるのか。

[Kyle Johnson,TechTarget]

 Appleの「App Store」をはじめとする公式アプリケーションストア以外からアプリケーションを入手する「サイドロード」は、なぜ危険なのか。根本的な問題は、アプリケーションの配布元が

  • OSベンダーによる承認や慎重な吟味を受けていない

点だ。

自由度とセキュリティの取捨選択

 AppleはApp Storeでアプリケーションを承認、配布可能にする前に、そのアプリケーションがマルウェアかどうかを審査する。もちろんApp Storeにあるアプリケーションも絶対安全だとは言えないものの、サイドロードしたアプリケーション(「野良アプリ」とも呼ばれる)を使うことは、未開拓の世界に飛び込むくらい危険なものだ。

 セキュリティに対するAppleのアプローチは、「ウォールドガーデン」(壁に囲まれた庭)と呼ばれる。同社がスマートフォンOS「iOS」内の全てのアプリケーションやサービスを事前承認するからだ。スマートフォン「iPhone」などの同社製品ユーザーやアプリケーションベンダーが好きなことを試せる自由度よりも、セキュリティを優先している。

 iOSデバイスにアプリをサイドロードすることは、「ウォールドガーデンの門を開く」ことを意味する。それでマルウェアに感染してしまっては、セキュリティが台無しだ。サイドロードのリスクがメリットを上回るかどうか、IT担当者はケースバイケースで検討しなければならない。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...