2022年06月10日 10時15分 公開
特集/連載

iPhoneで“野良アプリ”を使ってはいけない理由と、それでも使うときの判断基準iOS「サイドロード」の実態と危険性【第3回】

iOSデバイスにApp Storeにないアプリケーションをインストールすることは、メリットがある半面リスクも伴う。どのような危険性があるのか。

[Kyle JohnsonTechTarget]

 Appleの「App Store」をはじめとする公式アプリケーションストア以外からアプリケーションを入手する「サイドロード」は、なぜ危険なのか。根本的な問題は、アプリケーションの配布元が

  • OSベンダーによる承認や慎重な吟味を受けていない

点だ。

自由度とセキュリティの取捨選択

 AppleはApp Storeでアプリケーションを承認、配布可能にする前に、そのアプリケーションがマルウェアかどうかを審査する。もちろんApp Storeにあるアプリケーションも絶対安全だとは言えないものの、サイドロードしたアプリケーション(「野良アプリ」とも呼ばれる)を使うことは、未開拓の世界に飛び込むくらい危険なものだ。

 セキュリティに対するAppleのアプローチは、「ウォールドガーデン」(壁に囲まれた庭)と呼ばれる。同社がスマートフォンOS「iOS」内の全てのアプリケーションやサービスを事前承認するからだ。スマートフォン「iPhone」などの同社製品ユーザーやアプリケーションベンダーが好きなことを試せる自由度よりも、セキュリティを優先している。

 iOSデバイスにアプリをサイドロードすることは、「ウォールドガーデンの門を開く」ことを意味する。それでマルウェアに感染してしまっては、セキュリティが台無しだ。サイドロードのリスクがメリットを上回るかどうか、IT担当者はケースバイケースで検討しなければならない。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...