2019年09月30日 05時00分 公開
特集/連載

iPhoneユーザーが知っておくべき「iOS」の危険な脆弱性と対策OS更新やメッセージアプリに潜む脅威

「Android」と比べて安全だといわれてきた「iOS」も、脅威と無縁ではない。企業のセキュリティを脅かすiOSの脆弱性について、IT部門は何をすればよいだろうか。

[Colm Warner,TechTarget]
画像

 Appleのスマートフォン「iPhone」が搭載する「iOS」は、企業が利用するモバイルデバイスのOSとして普及している。専門家は長年の間、iOSを比較的安全なモバイルデバイス用OSだと見なしてきた。

 この数年で「Android」のセキュリティ対策も強化されてきた。Googleは、有害なアプリケーションからデバイスを保護するセキュリティ機能「Google Playプロテクト」や、Androidのアーキテクチャを刷新する取り組み「Project Treble」などを通じ、企業向けAndroidデバイス管理プログラム「Android Enterprise」の強化を重視するようになった。

 セキュリティの観点から見ると、iOSもAndroidもビジネスでの実用性がある。企業のモバイルデバイス管理者は、利用中のモバイルデバイスが直面する脅威について理解しておく必要がある。

 以下では、iOSデバイスを利用している企業のモバイルデバイス管理者が、企業のセキュリティを脅かすiOSの脆弱(ぜいじゃく)性について知っておくべきことを紹介する。どの脆弱性にどのようなパッチがあるかを把握し、iOSの全般的なセキュリティについて理解することは重要だ。

iOS脆弱性は攻撃者にとって“魅力的”

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...