2018年12月28日 05時00分 公開
特集/連載

EMMだけでは足りないセキュリティ機能「モバイル脅威防御」(MTD)はなぜ必要なのか 広がるモバイル端末のリスク

モバイルデバイスのセキュリティ戦略には、EMMだけでなくモバイル脅威防御(MTD)も必要だ。現在のモバイル脅威に対抗する手段として、MTDのようなデバイス上でセキュリティ対策を講じる重要性が高まっている。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 エンタープライズモビリティー管理(EMM)製品をセキュリティ強化のために利用している企業は少なくない。セキュリティリスクが増大する中、このEMMのセキュリティを強化するためのモバイル脅威防御(MTD)の必要性が高まっている。

 モバイルデバイスはWebサイトやショートメッセージサービス(SMS)、電子メール、アプリケーションストア、不正ネットワークなどを介して攻撃を受けやすい。エンドユーザーがパッチを適切に適用しなかったり、紛失や盗難の被害にあったりすることも珍しいことではない。場合によっては、手遅れになるまで被害に気が付かないということも起こり得る。

 モバイルデバイスのセキュリティリスクは、マルウェアやフィッシングなどの他、公共ネットワークやアプリケーションにも潜んでいる。その危険性を解説する。

モバイルデバイスのセキュリティが侵害されやすい要因

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

広告クリエイティブの効果を配信前にAIが予測、電通グループ4社が「MONALISA」を開発
Instagram、Facebook、Twitterの3種類のソーシャルメディアにおける動画再生完了率とCTR...

news066.jpg

高齢者のフリマアプリ利用、頻度では若者と互角――楽天調べ
楽天のフリマアプリ「ラクマ」でシニアユーザーが激増しています。その背景とは。

news062.jpg

営業からマーケターへのキャリアパス、全力でやってきたことは必ず次につながる
おかんマーケターとしてデビューして1年半でB2Bマーケターのアワードを受賞した筆者。そ...