2018年12月28日 05時00分 公開
特集/連載

「モバイル脅威防御」(MTD)はなぜ必要なのか 広がるモバイル端末のリスクEMMだけでは足りないセキュリティ機能

モバイルデバイスのセキュリティ戦略には、EMMだけでなくモバイル脅威防御(MTD)も必要だ。現在のモバイル脅威に対抗する手段として、MTDのようなデバイス上でセキュリティ対策を講じる重要性が高まっている。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 エンタープライズモビリティー管理(EMM)製品をセキュリティ強化のために利用している企業は少なくない。セキュリティリスクが増大する中、このEMMのセキュリティを強化するためのモバイル脅威防御(MTD)の必要性が高まっている。

 モバイルデバイスはWebサイトやショートメッセージサービス(SMS)、電子メール、アプリケーションストア、不正ネットワークなどを介して攻撃を受けやすい。エンドユーザーがパッチを適切に適用しなかったり、紛失や盗難の被害にあったりすることも珍しいことではない。場合によっては、手遅れになるまで被害に気が付かないということも起こり得る。

 モバイルデバイスのセキュリティリスクは、マルウェアやフィッシングなどの他、公共ネットワークやアプリケーションにも潜んでいる。その危険性を解説する。

モバイルデバイスのセキュリティが侵害されやすい要因

ITmedia マーケティング新着記事

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...