IBMが「OpenShift」「Ansible」などのRed Hat製品を取り込む“本当の狙い”「Power Systems」の変化に潜むIBMの狙い【後編】

IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」と、「OpenShift」や「Ansible Automation」といったRed Hat製品を組み合わせた提案を進めている。その狙いとは。

2020年10月14日 05時00分 公開
[Ed ScannellTechTarget]

 IBMはサーバ製品群「IBM Power Systems」に従量課金型の料金体系を取り入れてクラウドサービスとの親和性を高め、オンプレミスのインフラとクラウドサービスを組み合わせたハイブリッドクラウドでのアプリケーション運用を支援しようとしている。それと同時に、同社はIBM Power Systemsと併せて、Red Hatのコンテナ管理システム「Red Hat OpenShift Container Platform」(OpenShift)や構成管理ツール「Red Hat Ansible Automation Platform」(以下、Ansible Automation)、IBMのマルチクラウド管理ツール「IBM Cloud Paks」をユーザー企業に提案しようとしている。何が狙いなのか。

 調査会社IDCのピーター・ルッテン氏は「IBMにとって、IBM Power Systemsとクラウドサービスを連携させてアプリケーションをうまく運用できるようにすることが重要だ」と話す。IBMはオンプレミスのインフラとクラウドサービスの双方に注力しているからだ。「IBM i」や「Linux」を搭載するIBM Power SystemsとOpenShiftを連携させることで「オンプレミスのインフラ側に、コンテナを使ったクラウドネイティブのアプリケーションを導入しやすくしている」とルッテン氏は語る。

IBM製品とRed Hat製品の連携の狙い

 「Ansible AutomationをIBM製品と連携させることで、IT運用自動化を企業の組織内に広げようとしている」と、IBMのダイラン・ボディー氏は話す。Ansible Automationによって、IBM Power Systemsだけでなくメインフレーム「IBM Z」やx86サーバにまたがる統合的な運用自動化が実現する。「組織内に一貫した自動化のスキルとプロセスがあれば、事業部門はトレーニングのコストを削減でき、IT部門は新しい開発プロジェクトに取り組む余裕が生まれる」とボディー氏はそのメリットを話す。

 IBMは同社のクラウドサービス群「IBM Cloud」でより多くのアプリケーションを運用できるように、IBM Cloudの機能拡張も進めている。同社がIBM Cloudを運用するデータセンターには、インメモリデータベースシステム「SAP HANA」の運用環境としてSAPの認定を取得しているサーバもある。

 Red HatとIBMが大部分において独立した運営を保ちつつ、両者の製品やサービスを組み合わせて提供する動きを歓迎するアナリストもいる。調査会社Gartnerのダニエル・バウワーズ氏は「Red HatはOpenShiftとAnsible Automationで大きな実績を築いている」と指摘。IBMが自社の適切な製品に、こうしたRed Hatの実績を取り入れることができれば「両社にとって大きなメリットになる」とみる。

 現在のような新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が広がる中では「クラウドサービスの強化と、低コストのハードウェア製品の組み合わせを訴求する絶好の機会になる」とIBMの関係者は考えているようだ。IBMのスティーブ・シブリー氏は「IT運用に混乱をもたらす事態に直面したことで、回復力を高める方法を見直す企業の動きが広がっている」と言う。「ハイブリッドクラウドによる機能強化は、大量のデータを扱うアプリケーションに適した運用環境を見つける方法の一つになる」(シブリー氏)

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。