2018年11月14日 05時00分 公開
特集/連載

IBMのRed Hat買収がオープンソースのコンテナ管理に及ぼす影響買収後に背負う負担の大きさを危惧

IBMのRed Hat買収ではIT管理ツールなどの幅広い分野が影響を受ける。中でもオープンソースのコンテナ管理技術コミュニティーへの影響は大きく広がりそうだ。

[Beth Pariseau,TechTarget]
画像 影響はCloud Foundryにも?

 IBMは340億ドルといわれる今回のRed Hat買収について「Red Hat OpenShift」(以下、OpenShift)が提供するKubernetesサポートが主な動機だとしている。2018年10月、IBM関係者はKubernetesを同社の新しいマルチクラウドとハイブリッドクラウド戦略の柱にする考えを明かした。

 IBMのハイブリッドクラウド担当シニアバイスプレジデントを務めるアルビンド・クリシュナ氏はWebセミナーで「KubernetesはLinuxコンテナの共通ファブリックとして当社のハイブリッドクラウド戦略の中核となる」と語った。

 Red Hatのプロダクトとテクノロジー担当プレジデントを務めるポール・コーミア氏は同じWebセミナーで、IBMの営業チームと販路はOpenShift機能開発の推進力になると付け加えた。

 一方、Red Hatユーザーやオープンソースのコンテナ管理技術コミュニティーの間には動揺が広がっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...