2018年10月31日 05時00分 公開
特集/連載

新旧Kubernetesツールを比較 データベースのコンテナ化に必要な機能とは?レガシーアプリをAzureやAWSに移行する手法

Kubernetes用のツールは、データベースのコンテナ化という市場を開拓している。パフォーマンス監視やQoS(Quality of Service)管理などの機能を備えたツールを紹介する。

[Beth Pariseau,ITmedia]
画像

 2018年8月に幾つかの「Kubernetes」用ツールが登場した。これらのツールがターゲットにするユーザーは、レガシーアプリケーションの刷新や、データベースのコンテナ化に着手しようとする企業のIT部門だ。

 Robin Systemsは、独自のコンテナオーケストレーション関連の製品を提供している。同社がリリースしたのは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)のソフトウェアとKubernetesを抱き合わせた製品だ。これはデータベースをコンテナ化するツール、AI(人工知能)関連技術や機械学習を使ったアプリケーション、「Apache Spark」や「Apache Hadoop」のようなビッグデータを活用するアプリケーションのQoS(Quality of Service)を最適化する。Turbonomicは、Kubernetesを最適化する機能をさらに進化させ、マルチクラウド環境でコンテナ管理ができる製品「Self-managing Kubernetes」をリリースした。これはパフォーマンスとコストの最適化を考慮しているため、データベースのコンテナ化にも役立つ可能性がある。

Kubernetes用ツールに加わる新たな機能

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...