2018年08月09日 08時00分 公開
特集/連載

非Dockerコンテナ技術もDockerとKubernetesのさらに先へ拡大するコンテナエコシステム

Kubernetesの登場でオーケストレーションに一定の成果を見たDockerのエコシステム。だが、コンテナの世界はさらに進化しようとしている。

[Daniel Robinson,Computer Weekly]

 コンテナはここ数年で大きく進化し、ニッチな技術から最新のクラウドネイティブアプリケーションやサービスの導入に欠かせないプラットフォームになった。コンテナの導入増加に伴い、そのエコシステムも進化を続けている。

Computer Weekly日本語版 8月8日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月8日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 コンテナは仮想マシンよりも軽量かつ迅速に導入できる。これにより、企業はマイクロサービスベースのアーキテクチャを採用し、DevOps構想を導入できるようになった。

 「Docker」が2013年にリリースされて以来、コンテナのエコシステムは急速に拡大している。初期のコンテナ技術には、オーケストレーションや負荷分散など、仮想マシンを中心に成長してきたサポートツールや機能の多くが欠如していた。そのため、開発者はそのギャップを急ピッチで埋めざるを得なかった。それがエコシステムの拡大につながっている。

エコシステムの構築

 オーケストレーションの点では、「Kubernetes」が他を大きく引き離したという認識が広がっている。Kubernetesは、オンサイト導入のコンテナプラットフォームとして導入数を増やしているだけでなく、全ての大手クラウドプロバイダーがオーケストレーション層としてKubernetesを組み込んだコンテナサービスを提供している。

 一方、コンテナランタイム(実際にコンテナを実行するエンジン)など、コンテナを支える基礎テクノロジーや、コンテナイメージの格納と配布用ファイルフォーマットの標準化を進めようとする動きも行われている。

 ランタイムについては、これを監督するためにLinux Foundationの支援下でOpen Container Initiative(OCI)が設立された。また、Docker社は同社独自のテクノロジーに基づくレファレンス実装として、基本機能を備えたランタイム「runC」を公開することによってこれに貢献している。

 続いて、Docker社は独自の用途のためにさらに機能を充実させたランタイム「containerd」にrunCを組み込んだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...