2019年04月18日 08時00分 公開
特集/連載

Kubernetesで分散学習Kubernetesベースのディープラーニング環境「Nauta」

Intelがオープンソースのディープラーニングツール「Nauta」を公開した。Nautaでどのようなことができるのだろうか。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 人工知能(AI)のユースケースはまだごく初期段階にあるといえる。企業はAIによってビジネスモデルを強化するユースケースを依然模索中だ。

Computer Weekly日本語版 4月17日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月17日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Gartnerの試算によると、AIの展開は2022年までに約4兆ドル(約444兆5000億円)に達する見込みがあるという。その成長の鍵がディープラーニングだ。

 企業におけるディープラーニングはイメージしやすい。だが、複雑でリスクが高く、時間がかかる課題であることは変わらない。ディープラーニングソリューションの連携、検証、最適化が難しいためだ。

 こうした課題に応える試みの一つが、「Kubernetes」を使用する分散型ディープラーニング向けの新しいオープンソースプラットフォーム「Nauta」だ。

Nautaとは

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。