2019年04月11日 08時00分 公開
特集/連載

ゲーム「Candy Crush」のテストプレイヤーはAIAIがゲームをテスト

Candy Crushのテストプレイを担当しているのは、TensorFlowで学習させた仮想プレイヤーだった。開発からその導入効果までをKingに聞いた。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 パズルゲーム「Candy Crush」を開発しているKingは、人間のゲーマーを模倣してリリースサイクル短縮を実現した。

 同社はDeepMind(2014年にGoogleによって買収された)の「AlphaGo」に使われたディープラーニングアルゴリズムにヒントを得て、TensorFlowを使ってゲームプレイヤーのシミュレーションを構築している。

 Kingのチームは、AlphaGoに使われた技法の一つをTensorFlowでCandy Crushに応用できるかどうかを判断したいと考えていた。だが、なぜこのゲームのシミュレーションを行う必要があるのだろう。

 KingのAIエンジニアを務めるアレックス・ノーデ氏は次のように話す。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

news053.jpg

データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。...

news120.jpg

2021年のゴールデンウイークの予定 「自宅で過ごす」が依然として主流だが外出予定は増加――インテージ調査
外出意向は高まりつつも、新型コロナへの不安が消えたわけではないようです。