2019年08月28日 08時00分 公開
特集/連載

コンテナ時代のバックアップ基礎の基礎Dockerのバックアップ戦略――Dockerの何を保護すべきか?

Dockerは多数の抽象化レイヤーから成り、レイヤーごとにバックアップ方法も異なる。まずDockerの何を保護するのかを決めることが、バックアップ戦略のベースとなる。

[Eric Ebert,Computer Weekly]

 Dockerをバックアップする円滑な手順を用意すべき理由はたくさんある。最も分かりやすいのは不測の事態に備えるためだ。サーバに障害が起きると、データセンターは機能停止に追い込まれる。コンテナやボリュームのコピーを確保しておけば、問題が発生しても迅速な対応が可能になる。

Computer Weekly日本語版 8月21日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月21日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Dockerはその性質上、予測不能な動きをすることがある。バックアップはこうした動きをうまく乗り切るのにも役立つ可能性がある。あるコンテナで異常が発生して通常の対応策が機能しなくなったとしても、バックアップがあれば、機能することが分かっている時点のバージョンに即座に戻すことができる。

 コードベースを以前のバージョンに戻す必要がある場合、コンテナのバックアップがあれば全体のプロセスが明らかにシンプルになり、ビルドを作成し直す手間が掛からない可能性がある。

Dockerバックアップの基礎

 Dockerは、あるレベルでは仮想化を大幅にシンプルにする。だが、そうしたシンプルさが複雑さの大部分を覆い隠してしまう。

 Dockerのバックアップを話題にするときは、話題を正確に絞り込むと分かりやすくなる。Dockerは、抽象化の層を多数重ねた大規模なプラットフォームで、この各抽象化層をバックアップの対象にできる。

 厄介なのは、これらの抽象化レベルがDockerのエディション間で異なる点だ。「Docker Enterprise Edition」(Docker EE)は「Docker Community Edition」と微妙に異なる。そのため本稿ではDocker EEを扱うものとする。

 例として、クラスタ構成、アクセス制御、認証管理などを処理する「Universal Control Plane」(UCP)を考える。これがDockerの中核を成す、適切に調整されたエンジンだと考えると、このバックアップを定期的に取っておきたいのはほぼ間違いないだろう。これを一から再構築するのはお勧めできない。

続きはComputer Weekly日本語版 8月21日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 8月7日号 光無線技術Li-Fiが「アリ」な理由

Computer Weekly日本語版 7月17日号 ツールを使え!

Computer Weekly日本語版 7月3日号 本当に役に立つ人材の見つけ方


ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。