コンテナ管理の「Kubernetes」 商用ディストリビューションとOSSを比較主要ディストリビューションを紹介

コンテナを採用している企業の多くは既に「Kubernetes」の必要性を認識している。KubernetesにはOSSとベンダーのディストリビューションがあるが、OSSではなくディストリビューションを選択する理由とは何か。

2018年05月17日 09時00分 公開
[Clive LongbottomTechTarget]

 コンテナ管理ツール「Kubernetes」の台頭は、ハイブリッドクラウドやコンテナへと向かう企業のIT動向に起因している。現代のIT業務はアジャイル開発を目指し、従来のITインフラ構築よりもビジネスの変化に対応する。それに伴い、コンテナのパッケージ化、実装、モニタリングなどに関する強い管理ニーズが存在する。完全なオーケストレーションでは、高可用性、セキュリティ、包括的なパフォーマンスモニタリング、レポーティングで、フィードバックを繰り返すことが保証される。Kubernetesは、ベンダーに囲い込まれないオーケストレーションをコンテナの分野にもたらし、最大手であるDockerや、機能を絞り込んだ多くの製品に対抗して成功を収めた。

 Kubernetesは、技術プラットフォームを横断して広く採用されるコンテナオーケストレーションおよび管理ツールへと成長した。ディストリビューションの種類も増大している。これは、開発者のGoogleが中立組織のLinux Foundationと組み、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)を創設してKubernetesプロジェクトの管理を任せていることによる。

 人気のあるプロプライエタリなKubernetesディストリビューションには、以下のような製品がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...