「Kubernetes」の可用性を高める3つのコンポーネント検出、検査、負荷分散

サービスレジストリがマイクロサービスの世界でシームレスに機能するには、微調整や再設計が必要だ。本稿ではサービスレジストリを適切に管理する方法と、「Kubernetes」の可用性を高める3つ機能を説明する。

2017年12月11日 05時00分 公開
[Twain TaylorTechTarget]

関連キーワード

Google | Google Compute Engine | データベース


 サービスレジストリは、ネットワーク上のクライアントとサーバの中間に位置し、双方へのアクセスを制御する。サービスレジストリは、アプリケーションスタックで重要な役割を果たし、エンドユーザーの操作性に大きな影響を与える。マイクロサービスの使用が増加し、相互通信するサービスが急増しているため、サービスレジストリが果たす役割がますます重要になる。

 サービスレジストリがマイクロサービスの世界でシームレスに機能するには、微調整や再設計が必要だ。さらに重要なのは、古いモデルとは異なるガバナンスが必要になることだ。本稿ではサービスレジストリを適切に管理する方法と、Googleのコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」などの最新プラットフォームがこうした管理に適している理由を説明する。

動的にサービスを検出するKubernetes

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...