2019年06月25日 05時00分 公開
特集/連載

ハイブリッドクラウドは“異種混合”と“同種混合”のどちらを選ぶべき?コスト、手軽さ、スキル、何を重視する

主要クラウドベンダーがオンプレミス分野で製品を投入し、「ハイブリッドクラウド」を構成するモデルとして「異種混合モデル」と「同種混合モデル」が登場している。その長所と短所について説明する。

[David Linthicum,TechTarget]
画像

 ハイブリッドクラウドといえば、オンプレミスに導入したソフトウェア群をパブリッククラウドと連携させる構成が一般的だった。だがパブリッククラウドベンダーがオンプレミス向けのアプライアンス製品を提供し始めたことで、ハイブリッドクラウドを構成する選択肢が広がっている。ユーザー企業はパブリッククラウドと同じソフトウェアスタックを自社のデータセンターに導入し、ハイブリッドクラウドの環境を運用できるようになっている。

 ハイブリッドクラウドのアーキテクチャとして「異種混合モデル」(ヘテロジニアスモデル)と「同種混合モデル」(ホモジニアスモデル)という2つのモデルが存在する。それを踏まえ、コスト、パフォーマンス、管理の容易さの点から自社に適したモデルを見つける必要がある。

 異種混合モデルは、異なる複数のパブリッククラウドとプライベートクラウドで構成される。例えば「Amazon Web Services」(AWS)、「Microsoft Azure」の2つのパブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせる。プライベートクラウドを構築する製品としてはVMwareによるプライベートクラウド構築製品や、オープンソースでは「OpenStack」「Apache CloudStack」などがある。

 Microsoftの「Azure Stack」、AWSの「AWS Outposts」、Googleの「Anthos」(旧「Cloud Services Platform」)などは、同種混合モデルに分類される。これらを利用したハイブリッドクラウドでは、オンプレミスとパブリッククラウドで同じソフトウェアを利用する。主要クラウドベンダーがこうした製品を提供することで、同種混合モデルのハイブリッドクラウドが勢いを増す可能性がある。

どちらのモデルを選択すべきか

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...