2019年06月14日 05時00分 公開
特集/連載

VMware、Nutanix、Red Hatを比較 プライベートクラウドで選ぶべきベンダーは?これからのプライベートクラウド構築【後編】

プライベートクラウドを自前で構築する際、ベンダーごとの特性を把握しておけば、どのような製品が自社に適しているかを判断できるだろう。主要な3ベンダーに絞り、選定のポイントを紹介する。

[Julia Borgini,TechTarget]
画像

 前編「『プライベートクラウド』の構築方法を正しく選ぶ4つの評価ポイント」では、プライベートクラウドを構築する主要な2つの方法と、運用する際に注意すべきポイントを説明した。

 プライベートクラウドが必要な理由とその機能を明確にしたら、ベンダーを評価する。自社が求めるプライベートクラウドの要件に適合するベンダーを選択することが重要だ。さまざまなベンダーを比較する際には、各社の価格構成と利用可能なサポートサービスに注目する。これらの要素を調査することで、自社のITインフラ運用にメリットとなるプライベートクラウドを選択できる。

プライベートクラウドベンダー選びで評価するポイント

 Dell TechnologiesやHewlett Packard Enterprise(以下、HPE)、VMware、Nutanix、Red Hatなどがベンダーの選択肢になるだろう。各ベンダーの主要なプライベートクラウド構築支援製品のメリットと、選定時の注意点を紹介する。

VMware

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...