2019年01月18日 05時00分 公開
特集/連載

クラウド移行の先に何があるのか2019年のクラウド市場5大動向 マルチクラウドが常態化する新時代が幕開け

マルチクラウドの急速な普及、企業のクラウド移行戦略の変更などが新たに注目されている。2019年のクラウドコンピューティングの動向について専門家に予想を聞いた。

[Mekhala Roy,TechTarget]
画像

 調査会社IDGが実施した「2018 Cloud Computing Survey」によると、企業のクラウド利用は拡大を続けており、クラウドへの平均投資額は2年前に比べて約36%増加した。また回答企業の10社中9社は、既にアプリケーションやインフラのいずれかでクラウドサービスを活用している、または1年以内に活用を開始する計画だという。

 2019年のクラウドコンピューティングの動向について専門家に予想を聞いてみたところ、マルチクラウドの導入が進み、企業のクラウド移行は「リフト&シフト」方式に代わる新たな移行方法が検討され、AI(人工知能)技術によってクラウドコンピューティングはさらに進化し、クラウドコンピューティング分野の技能者不足は相変わらず続く、といったことが分かった。以下で7人の専門家によるその見方を紹介する。

クラウドコンピューティングの動向予測:マルチクラウドの導入拡大

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...