2018年12月21日 05時00分 公開
特集/連載

2019年に備えるべき 新しい6つのセキュリティトレンド集中から分散へ

「Gartner Symposium 2018」が開催された。Gartnerのアナリスト、ピーター・ファーストブルック氏は、サイバーセキュリティの専門家やその雇用主に向けて、2019年に備えるべき新しいセキュリティトレンドについて講演した。

[Mekhala Roy,TechTarget]
画像 2019年のセキュリティトレンドを読み解く

 あらゆるデジタルビジネス戦略にはセキュリティとリスク管理が欠かせない。調査会社Gartnerは、2019年には情報セキュリティの製品とサービスへの支出が全世界で1240億ドルに達すると予測する。だが、新興テクノロジーの導入数が増加し、ビジネスモデルが変わってきている現在、セキュリティ担当者はサイバーセキュリティに対する従来のアプローチを改革する必要に迫られている。

 Gartnerでリサーチ部門のバイスプレジデントを務めるピーター・ファーストブルック氏は、2018年10月中旬に開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2018」に登壇し、2018〜2019年の新しいセキュリティトレンドについて語った。そして、主要セキュリティ企業がそのトレンドにどのように適応しようとしているのかも解説した。

 「現在起こっているセキュリティのエコシステムへの戦略的なシフトは、混乱を引き起こす可能性が大いにある」と、新しいセキュリティトレンドの定義について同氏はこのように表現した。

トレンドその1:サイバーセキュリティの重要性を認識し始めている企業経営幹部

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...