2018年12月21日 05時00分 公開
特集/連載

集中から分散へ2019年に備えるべき 新しい6つのセキュリティトレンド

「Gartner Symposium 2018」が開催された。Gartnerのアナリスト、ピーター・ファーストブルック氏は、サイバーセキュリティの専門家やその雇用主に向けて、2019年に備えるべき新しいセキュリティトレンドについて講演した。

[Mekhala Roy,TechTarget]
画像 2019年のセキュリティトレンドを読み解く

 あらゆるデジタルビジネス戦略にはセキュリティとリスク管理が欠かせない。調査会社Gartnerは、2019年には情報セキュリティの製品とサービスへの支出が全世界で1240億ドルに達すると予測する。だが、新興テクノロジーの導入数が増加し、ビジネスモデルが変わってきている現在、セキュリティ担当者はサイバーセキュリティに対する従来のアプローチを改革する必要に迫られている。

 Gartnerでリサーチ部門のバイスプレジデントを務めるピーター・ファーストブルック氏は、2018年10月中旬に開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2018」に登壇し、2018〜2019年の新しいセキュリティトレンドについて語った。そして、主要セキュリティ企業がそのトレンドにどのように適応しようとしているのかも解説した。

 「現在起こっているセキュリティのエコシステムへの戦略的なシフトは、混乱を引き起こす可能性が大いにある」と、新しいセキュリティトレンドの定義について同氏はこのように表現した。

トレンドその1:サイバーセキュリティの重要性を認識し始めている企業経営幹部

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...