2017年06月15日 15時00分 公開
特集/連載

「クラウドセキュリティ」が2017年の“ホット”なIT投資先に、その背景は?クラウド、ネットワーク、エンドポイントに注目

TechTargetが実施した2017年の年次調査「IT Priorities Survey」からは、企業や情報セキュリティ担当者が重視するITセキュリティトレンドが浮き彫りになった。その内容を紹介する。

[Diana Hwang,TechTarget]
画像 クラウドセキュリティ、ネットワークセキュリティ、エンドポイントセキュリティが優先投資先に

 情報セキュリティチームにとって、果てしなく続くサイバーセキュリティ対策の優先順位付けは容易ではない。近年「WannaCry」のような新種のランサムウェア(身代金要求型マルウェア)が次々と現れて企業に打撃を与えている。こうした攻撃への対策をはじめ、IT担当者が考慮すべきITセキュリティトレンドはさまざまだ。

 TechTargetの「IT Priorities Survey」(IT優先度調査)は毎年、ITプロフェッショナルがその年に重視する優先事項を調査してきた。9回目となる今回の調査では、北米の企業で働くITプロフェッショナル971人から回答を得た。そのうち主としてセキュリティ関連業務を担当すると答えたのは、21%の207人だった。

 今回の調査では、クラウドセキュリティやネットワークセキュリティ、エンドポイントセキュリティが焦点になっていることが明らかになった。

ITセキュリティトレンド:クラウドの波及効果

 調査回答者の45%が、2017年内にクラウド形式のストレージサービスの導入を計画している。これに伴いセキュリティ担当者にとって、クラウドセキュリティ対策に注力して、攻撃者からデータを守る必要性が高まっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...