米国防総省が公開した“ミルスペック”な「クラウドセキュリティガイド」に書かれていること企業でも大いに役立つ

サイバー攻撃の主要な標的としても知られる米国防総省が、クラウドセキュリティのガイドラインを公開した。その内容の中から、企業が参考にできそうなポイントを紹介する。

2015年12月04日 15時00分 公開
[Dan SullivanTechTarget]
米国防総省の公式サイト 米国防総省が公開したクラウドセキュリティガイドラインは、企業にも参考になるはずだ(画面は同省公式サイト)《クリックで拡大》

 米国防総省が内部部局である国防情報システム局(DISA)を通じて、クラウドセキュリティに関するガイドラインを新たに3つ公開した。これらのガイドラインから、企業は何を学ぶことができるのだろうか。

 仮に国防総省が会社だとすれば、従業員数が200万人以上、年間予算が5000億ドル以上の大企業だ。国防総省で情報漏えいが起きた場合の影響の大きさからして、同省のガイドラインには一般の企業も大いに学ぶことがありそうだ。

3つのガイドライン

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...