2015年04月14日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「可視性」と「ビッグデータ」が注目のキーワードクラウドの“大穴”を埋める最新のセキュリティ対策技術とは

クラウドに関するセキュリティ領域では、可視性の向上とビッグデータ分析が注目のテーマとなりそうだ。2015年のRSA Conferenceを前に、セキュリティ専門家の意見をまとめた。

[Rob Wright,TechTarget]

 “クラウド環境の可視性”というキーワードが大きな変化の原動力となるかもしれない。情報セキュリティに関する業界最大級の年次カンファレンス「RSA Conference 2015」では、このテーマに注目が集まりそうだ。

 セキュリティ専門家の予想では、企業のクラウドアプリケーションやサービスが攻撃された際の検知能力の強化に向け、新興の技術や手法が脚光を浴びる見通しだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、...

news017.jpg

「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なことと...

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...