2011年11月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドセキュリティ戦略はたったの2種類企業システムのクラウド化を成功させるセキュリティ戦略

企業システムを安全にクラウドへ移行するためには、クラウド事業者の選定、クラウド上でのデータ保護や監視といった情報セキュリティ対策が重要だ。ここでは、クラウド利用のためのガイドラインを幾つか紹介する。

[Bill Kleyman,TechTarget]

 どんな企業にも、情報セキュリティへの不安は付いて回る。そしてその不安がクラウドコンピューティングによって増幅されることもある。だが幾つかの基本的ルールを採用すれば、ユーザーとそのデータ、クラウドに対する全般的な投資を守る一助にできる。

 クラウドにまつわるセキュリティ不安を数え上げればきりがないように思えるかもしれない。だが現実には、クラウドセキュリティ戦略は主に2種類に分類できる。すなわちパートナーベースのセキュリティ、つまりSaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)モデルのためのセキュリティと、ユーザーベースあるいはクライアントベースのセキュリティだ。以下にプライベート/パブリッククラウドのセキュリティ対策のためのガイドラインを幾つか挙げる。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。