2010年12月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド環境のセキュリティとコンプライアンスパブリッククラウドを選択できない企業、クラウドが越えなければならない壁

企業は不安が解消されるまで社内クラウドを自社で展開することを選ぶのだろうか。

[Joseph Foran,TechTarget]

 クラウドコンピューティングへの関心が高まっているが、導入の大きな障害が依然として残っている。一部の業界観測筋は、データのプライバシーとセキュリティに対する企業の懸念を踏まえ、企業がパブリッククラウドを選択するかどうかは疑問だとしている。企業のIT部門は、不安が解消されるまで社内クラウドを自社で展開することを選ぶのだろうか。

 クラウド導入の障害は、2010年9月に米国ラスベガスで開催された年次カンファレンスHosting & Cloud Transformation Summitの重要なテーマだった。2つのパネルディスカッションで、専門家がクラウドのセキュリティ、プライバシー、導入上の問題を正面から取り上げ、プロバイダーとユーザーのクラウドへの取り組みが今後どのように進んでいくかを展望した。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...