2015年03月30日 15時00分 公開
特集/連載

小売大手が詐欺防止のために取り組む「ビッグデータ+セキュリティ分析」の効果とはSearsの元CISOが語る

小売大手の米Searsでは、ビッグデータを活用するセキュリティシステムを導入した。小売業を狙った詐欺行為を食い止めるための仕組み、システム導入に必要な経営陣の承認を得る説得方法を紹介する。

[Michael Heller,TechTarget]

 ビッグデータを活用したセキュリティ分析は、企業の情報セキュリティを根本から変えることになる、とある元最高情報セキュリティ責任者(CISO)は語る。情報セキュリティにとどまらない幅広い可能性を秘めている一方で、経営幹部の説得は一筋縄ではいかないことがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...