2014年07月29日 15時00分 公開
特集/連載

役員会議で議論されるセキュリティ対策に意味はあるのか?不透明なサイバーセキュリティ投資

企業はここ数年、サイバーリスクを上位の経営課題に挙げている。だが、サイバーセキュリティへの投資がきちんと行われているかは不透明だ。

[Kathleen Richards,TechTarget]

 サイバーセキュリティへの即時対応は、グローバル企業の経営陣も認識する課題となっている。英Lloydが公開した「Risk Index 2013」では、サイバーリスクが12位から3位へと大きくランクアップしている。このランキングは、2013年の4月と5月に588人のグローバル企業の経営幹部と取締役員を対象に実施した聞き取り調査に基づいたものだ。上位5つは「高税率」「顧客の損失」「サイバーリスク」「原材料価格」「過度に厳格な規制」となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...