ビッグデータブーム、“オワコン”を超えて生まれる実用技術の今データ活用企業は増加中

過大な期待が寄せられたビッグデータのブームが終了し、実用的な技術が次々に登場している。データ分析のトレンドや技術の最新動向を紹介する。

2015年01月16日 15時00分 公開
[Ed Burns,TechTarget]

関連キーワード

Apache | Apple | Hadoop | ビッグデータ


 ビッグデータがもてはやされるようになって早数年が経過した。2014年、企業はビッグデータに関心を示すだけでなく、その真の価値を引き出す方法を見いだすべく始動した。

 2014年、ビッグデータは単に企業が関心を示すだけの対象ではなくなり、実際に活用され、業務の一部として受け入れられるようになった。ビッグデータの分析結果を意思決定に活用している企業の数は増え続けている。このような動きの中で、テクノロジー市場の様相を変える動向が幾つか見られた。本稿では、重要度の高い動向の幾つかを振り返ってみたい。

クラウドベースの分析が人気

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。