2011年09月29日 09時00分 公開
特集/連載

読めば分かる! ビッグデータのためのデータウェアハウス(DWH)とは?ビッグデータのためのDWH基盤【第1回】

BI/DWH分野でバズワードとなっている「ビッグデータ」。ビッグデータとはどのようなデータを指す言葉なのか。そしてビッグデータを格納するDWH製品の代表的な3つのアプローチを紹介する。

[平井明夫,アイエイエフコンサルティング]

変化するビッグデータの定義

 「ビッグデータ」という言葉は、ここ1年ほどで急速に取り上げられるようになったが、定義は今もって曖昧なようである。筆者が理解しているもともとのビッグデータの定義は、Twitter、Facebookといったソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に、1日当たり数Tバイトといった莫大な単位で蓄積されるデータのことである。これらは、文字や映像を中心としたいわゆるマルチメディアデータであるため、一般的なデータウェアハウス(DWH)とは直接の関連はなかった。

 しかし、ここのところDWH分野でもビッグデータという言葉が頻繁に登場するようになった。これは、ビッグデータという言葉で表されるデータの種類が、マルチメディアデータだけでなく、大量に蓄積される(されている)定型的なデータも含むようになったためと考えられる。ここで言う定型的なデータとは、行(レコード)と列(カラム)で表現されるデータのことであり、別の言い方をすると、リレーショナルデータベース(RDB)で格納可能なデータということができる。

昔から存在するビッグデータ

 DWH分野におけるビッグデータの定義が、大量に発生する定型的なデータを含むとするならば、ビッグデータは昔から存在する。それは、例えばPOSデータであり、eコマースサイトのデータである。もともとDWHは比較的大量なデータを蓄積するためのIT基盤ではあるが、その中でもこれらは「日々刻々と膨大な量の明細データが発生する」という意味で立派にビッグデータの資格を満たしている。

 POSデータは、店舗小売業のレジで発生する販売データである。販売管理アプリケーションでは、1つのレシートが1件のトランザクションとなるが、DWHに格納される際は、購入商品アイテムごとに明細レコードとして格納するため、データ量はさらに莫大なものになる(関連記事:あるスーパーマーケットに見るPOSデータ分析の実践)。

 eコマースサイトのデータは、基本的な属性はPOSデータと同じであるが、一般的に会員制を取るため、購買者の個人属性(年齢、性別など)がデータに追加され、結果としてデータ量をさらに増大させる。

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

売り上げ1億ドル超えのメガヒットアプリ、2021年は233本 うち4分の3がゲーム
年間売り上げが100億ドルを超えるアプリが続出、世界の消費者から財布の中身と生活時間を...

news053.jpg

リアル行動ビッグデータを活用したイベント集客特化型デジタル広告 博展とunerryが提供
国内最大級のリアル行動データにより、精度の高いターゲティングを実現するデジタル広告。

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...