2011年07月28日 09時00分 公開
特集/連載

ERPユーザー注目、SAPがデータベースベンダーになる意味「SAP WORLD TOUR 2011」イベントリポート

SAPが開催したイベントから分かるのは、水平分業から垂直統合へとビジネスモデルを急速に変えつつある同社の姿だ。SAP HANA、モバイルソリューションが紹介されたイベントをリポートする。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 「SAP HANAは過去30年のデータベースとは大きく異なる。HANAを使えば1秒で信じられないほど大量の処理をこなせる」。SAPジャパンが7月13日に都内で開催したイベント「SAP WORLD TOUR 2011」で、SAP本社のジェネラルマネージャー兼グローバル・ヘッド・オブ・ビジネスアナリティクスのスティーブ・ルーカス氏は基調講演と記者会見を行い、HANAの優位性を強調した。ERPパッケージ大手のSAPはその姿を急速に変えようとしている。本稿ではSAPの未来を基調講演から探ろう。

画像 SAPのスティーブ・ルーカス氏

 HANAについては過去の記事が詳しい(参考記事:ERP、次の常識は超高速統合システムか)。従来のディスクベースのHDDではなく、高速な読み書きが可能なメモリを使うことで高速なデータ処理を可能にしている。データウェアハウスなどの分析(OLAP)のために開発されてきたが、将来はERPなどの更新系(OLTP)の処理にも活用する予定だ。ルーカス氏は「HANAのビジョンはまずはSAP BW(SAPのビジネスインテリジェンスアプリケーション)のデータベースとしてHANAを使ってもらいたい。さらに将来的にはERPの基盤としても使っていきたい。SAPの環境ではない顧客も利用可能だ」と話し、HANAがSAPアプリケーション全般、そして他社製品が中心の環境でも利用可能なことを強調した。

 基調講演でルーカス氏はHANAの導入事例を紹介した。「オーストラリアの電力会社ではスマートメーターを使い、180万世帯から30秒ごとにデータを受け取っている。このデータを分析することで、家庭ごとの電力消費が分かり、次の意思決定をリアルタイムにできる」。SAP自体でもHANAを使っており、CRMに蓄積された8億件のデータをHANAで処理しているという。スマートデバイスを使ってデータ分析ができる「SAP BusinessObjects Mobile BI」を活用し、「いつでもどこでもパイプラインの情報にアクセスできる」環境を構築している。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...