2014年01月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Hadoopを使って「大容量」「高速」を実現佐川急便の荷物は年間13億件 そのビッグデータ処理技術とは

佐川急便を中核とするSGHグループでは、1日350万、1年13億件もの荷物に関わる膨大な運輸データを扱っている。このビッグデータを、どのように収集・管理し、活用しているのか。講演内容を中心に紹介する。

[廣瀬治郎]

 Pivotalジャパンは、クラウド、ビッグデータ、モバイル、ソーシャルといった新たな市場を支える「第3のプラットフォーム」ベンダーとして、米EMCや米VMware、米GEの出資によって2013年4月に設立された。同社は2013年12月12日、EMCジャパンと共同で「Pivotalジャパン サミット」を開催し、同社の戦略や最新技術動向の他、2社の事例などを紹介した。

※一部事実と異なる情報が含まれることが分かったため、記事を修正しました(1月30日)


 その事例の1つとして、日本企業の最先端ビッグデータ活用基盤の構築事例にSGシステム 代表取締役社長、安延 申氏が登壇し、「SGHグループにおけるBigData利用戦略」と題した講演を行った。

 本稿では、佐川急便を中核とするSGホールディングスグループ(以下、SGHグループ)が、どのようにビッグデータを収集・管理し、活用しているのかを講演内容を中心に紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。