2019年03月19日 08時00分 公開
特集/連載

マルチモデルデータベース「ArangoDB」に要注目ArangoSearchとGeoJSONサポート

数あるNoSQLデータベースの中で特異な位置を占めるのが、複数のデータモデルをサポートする「ArangoDB」だ。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 ArangoDBはネイティブマルチモデルデータベースだ。「ArangoDB Community Edition」はC++でコーディングされており、オープンソースライセンス(Apache License 2.0)で利用できる。

 本稿では、開発者向けトランザクションデータベースとしてのコアバージョン3.4に注目する。このリリースは開発者にとってどのようなものなのか。

 このソフトウェアエンジニアリングの役割は、1つのテクノロジーと1つのクエリ言語を使って「複数のデータモデル」を操作する手段を提供することだ。

 「ArangoDB 3.4」で強化されたのが「ArangoSearch」だ。ArangoDB独自のクエリ言語「AQL」を使って、この機能をトラバーサルや結合(join)と組み合わせると、ArangoDBが「データ」の取得ツールから「情報」の取得ツールへと変わる。

 では、マルチモデルデータベースとは一体何だろう。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...