2019年03月19日 08時00分 公開
特集/連載

ArangoSearchとGeoJSONサポートマルチモデルデータベース「ArangoDB」に要注目

数あるNoSQLデータベースの中で特異な位置を占めるのが、複数のデータモデルをサポートする「ArangoDB」だ。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

 ArangoDBはネイティブマルチモデルデータベースだ。「ArangoDB Community Edition」はC++でコーディングされており、オープンソースライセンス(Apache License 2.0)で利用できる。

 本稿では、開発者向けトランザクションデータベースとしてのコアバージョン3.4に注目する。このリリースは開発者にとってどのようなものなのか。

 このソフトウェアエンジニアリングの役割は、1つのテクノロジーと1つのクエリ言語を使って「複数のデータモデル」を操作する手段を提供することだ。

 「ArangoDB 3.4」で強化されたのが「ArangoSearch」だ。ArangoDB独自のクエリ言語「AQL」を使って、この機能をトラバーサルや結合(join)と組み合わせると、ArangoDBが「データ」の取得ツールから「情報」の取得ツールへと変わる。

 では、マルチモデルデータベースとは一体何だろう。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。